韓国料理大図鑑

タンピョンチェ

 

 

탕평채】 タンピョンチェ

説明:ムクやナムルを大皿に盛り付けた料理

カテゴリ:宮廷料理

価格:単品での注文は少ない

場所:韓定食店、宮廷料理店

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

ムク(緑豆などのデンプンをゼリー状に固めたもの)やナムルを大皿に盛り付け、全体をよく混ぜ合わせて食べる料理。ムッチョンポとも呼ばれる。漢字では蕩平菜と書き、蕩平は蕩蕩平平という言葉を略したもので、どちらにも偏らないという意味を表す。かつては骨董菜(コルドンチェ、骨董はよく混ぜ合わせるの意)と呼ばれていたが、18世紀初頭に権力闘争を繰り広げる両班たちを諌め、公平な立場を求めるための象徴の料理として用いられたことから蕩平菜の名で呼ばれるようになった。材料には細切りにしたムクのほか、炒めた牛肉、セリやホウレンソウなどのナムル、シイタケ、錦糸卵、海苔などが用いられる。これらを大きな器に盛り付け、酢醤油をかけ全体をよく混ぜ合わせて食べる。タンピョンチェが単独でメニューに並ぶことは稀で、韓定食や宮廷料理の一品として出されることが多い。

 

戻る

トップページへ