韓国料理大図鑑

コンナムルクッパプ

 

メルマガバックナンバー

콩나물국밥】 コンナムルクッパプ

説明:豆モヤシのスープにごはんを入れた料理

カテゴリ:鍋・スープ料理

価格:1人前3,0005,000ウォン

場所:専門店、食堂

辛さ:★――

 

 

 

料理概要

 

豆モヤシのスープにごはんを入れた料理。コンナムルは豆モヤシをの意。クッパプはスープにごはんを入れた料理の総称。煮干、昆布、ダイコンなどを煮込んだスープに、ごはんとたっぷりの豆モヤシを入れ、刻みネギと生卵を落とす。そのまま食べてもよいが、薬味として海苔、刻んだ青唐辛子、アミの塩辛、白ゴマなどを加えるとさらに味がよい。粉唐辛子などの香辛料も入っているが、多量ではないので味はあっさりとしている。生卵はスープの中に入れられた状態で供されることもあるが、別の器に分けて出されることもあり、この場合は、生卵を溶いたところにスープや薬味を加えてそのまま飲んで楽しむ。全羅南道全州(チョンジュ)の名物料理として知られ、全州市内には専門店が数多くある。コンナムルクッパプは主に朝食に食べられるメニューで、特に酒を飲んだ翌日に酔い覚ましの目的で食べられることが多い。コンナムルクッパプの専門店には母酒(モジュ)と呼ばれるマッコルリ(韓国のどぶろく)を原料とした酒が置かれていることが多く、コンナムルクッパプとともに迎え酒として飲まれる。豆モヤシを利用した料理としては、コンナムルクク(豆モヤシのスープ)や、豆モヤシをごはんを一緒に炊き込んだコンナムルパプなどがある。

 

戻る

トップページへ