韓国料理大図鑑

チャンポン

 

メルマガバックナンバー

짬뽕】 チャンポン

説明:チャンポン

カテゴリ:麺料理

価格:1人前3,0005,000ウォン

場所:中華料理店

辛さ:★★★

 

 

 

料理概要

 

チャンポン。日本の長崎チャンポンとは異なり、粉唐辛子が多量に入って真っ赤な色をしている。もともとは中国から入ってきた料理としてとらえられているが、料理名は日本から入ってきたと見られている。料理名と同様に、2種類以上の酒を同時に飲んだり、異なる行動や言動を混ぜて行うことも「チャンポンハダ(チャンポンする)」というように使われ、日本語との共通性を示している。豚骨などでとったスープに、チャンポンの麺を入れ、具には海産物、野菜などを豊富に使う。主な具材としてはイカ、エビ、アサリ、カキ、ナマコ、タマネギ、ニンジン、シイタケ、キクラゲ、豚肉などがあげられる。味付けには、醤油、塩、胡椒などのほか、粉唐辛子、ニンニクなどの香辛料も多量に入り、辛く仕上げられる。中華料理店のメニューとしては、チャジャンミョン(炸醤麺)と双璧をなす代表的メニューであり、その人気も高い。インスタントのチャンポンも多く発売されている。チャンポン料理の種類としては、魚介類3種を特にメインとしたサムソンチャンポン、チャンポンのスープに麺ではなくごはんを入れたチャムポンパプなどがある。

 

戻る

トップページへ