韓国料理大図鑑

ジョン

 

 

】 ジョン

説明:鉄板に油を敷き薄く切った材料に小麦粉をつけて焼いたもの

カテゴリ:ジョン料理

価格:1人前5,0008,000ウォン

場所:民俗酒場、屋台など

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

鉄板に油を敷き薄く切った材料に小麦粉をつけて焼いたものの総称。漢字では煎と書く。チョニュオ(煎油魚)、チョニャとも呼ばれる。ジョンの具材としては肉、魚介、野菜など多様な食材が用いられ、そのバリエーションはたいへんに豊富である。代表的な具材としては、ジャガイモ、ネギ、ホバク(カボチャの未熟果)、青唐辛子、タマネギ、レンコン、牡蠣、ハマグリ、牛の内臓肉などがあげられる。中でも、細ネギを用いたパジョン、海産物を用いたヘムルジョン、キムチを用いたキムチジョン、すりおろしたジャガイモを用いたカムジャジョンなどは特に有名である。民俗酒場などではいろいろなジョンを盛り合わせたモドゥムジョンをメニューに載せているところもある。作り方としては、薄切りにした材料に、小麦粉、溶き卵をまぶし、油を敷いたフライパンで焼く方法が一般的であり、食材によっては小麦粉に水を加えたタネを作って混ぜ合わせることもある。主に家庭料理として食べられるほか、屋台、民俗酒場などで酒肴として出されることも多く、食堂などでは副菜として出されたりもする。

 

戻る

トップページへ