韓国料理大図鑑

スンドゥブチゲ

 

メルマガバックナンバー

순두부찌개】 スンドゥブチゲ

説明:押し固めない豆腐を用いたチゲ

カテゴリ:鍋・スープ料理

価格:1人前3,5005,000ウォン

場所:食堂、粉食店、専門店

辛さ:★★―

 

 

 

料理概要

 

押し固めない豆腐を用いたチゲ。スンドゥブとは押し固める前の柔らかな豆腐のこと。普通の豆腐に比べ、フルフルとした柔らかな食感が特徴である。純豆腐、水豆腐などの漢字をあてることがあるが、語源がはっきりしていないため決まった漢字表記はない。チゲは鍋料理の意。食堂のメニューでは、チゲを省略してスンドゥブとだけ表記したり、また、ごはんと一緒に供することからスンドゥブペッパン(白飯)と表記されることもある。アサリやイワシ、または豚肉などでダシをとり、豆腐(スンドゥブ)、長ネギ、青唐辛子などを具に加えて作る。味付けには唐辛子、ニンニク、塩、醤油などを用い、仕上げにゴマ油を加える。最後に生卵を落として食べることが多く、最近では自分で好きなだけ割り入れることができるよう、食卓に生卵をたくさん用意しておく店も増えてきている。ただし、釜山をはじめとした南部地域には、生卵を入れる習慣がなく、食堂などでも生卵の入らないスンドゥブチゲが一般的である。食堂、粉食店、学生食堂など、幅広い店で扱われるメニューであり、家庭でも作られる。専門店も存在する。類似の料理としては、普通の固めた豆腐を使用するトゥブチゲがある。また江原道には、スンドゥブをチゲにせず、そのまま薬味醤油で食べるメニューがある。

 

戻る

トップページへ