韓国料理大図鑑

スンデ

 

メルマガバックナンバー 韓国料理うんちく付きガイド

순대】 スンデ

説明:豚の腸にもち米やタンミョン(春雨)、豚の血などを詰めたもの

カテゴリ:屋台料理

価格:1人前2,0003,000ウォン

場所:屋台

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

豚の腸にもち米やタンミョン(春雨)、豚の血などを詰めたもの。昔は平安道や咸鏡道で多く食べられたという。よく洗い、塩でもんだ豚の腸に、みじん切りにした野菜、もち米、豚の血液、タンミョン(春雨)などの具を詰めて茹でる。蒸して調理する方法もある。茹で上がったものは輪切りにして粗塩、または味噌などをつけて食べる。主にソウルをはじめとした北部地域では粗塩で食べ、南部地域では味噌で食べることが多い。屋台などでは茹でたレバーやハツなどと共に供されることも多い。トッポッキ(韓国モチを肉、野菜などと炒めたもの)と並んで韓国を代表する屋台料理であるが、食堂や粉食店のメニューにもならぶことがある。そのまま食べるだけでなく、食材のひとつとして用いられることも少なくない。スンデを用いた料理としてはスンデボックム(スンデと野菜を炒めたもの)、スンデクク(スンデを入れたスープ)などがあげられる。類似の料理としては、豚の腸ではなくイカの中に具を詰めたオジンオスンデ、干したニベの浮き袋に野菜、肉を詰めたオギョ(魚膠)スンデ、スケトウダラを利用したトンテ(凍太)スンデなどがある。江原道には、豚の小腸でなく大腸のほうを使ったアバイスンデがあり、そのほかにも、全羅南道潭陽(タミャン)で作られるアムポンスンデ、京畿道白岩(ペガム)で作られるペガムスンデなど、土地ごとにさまざまなスンデが存在する。

 

戻る

ップページへ