韓国料理大図鑑

スユク

 

 

수육】 スユク

説明:茹で肉を薄切りにしたもの

カテゴリ:肉料理

価格:1人前10,00020,000ウォン

場所:専門店

辛さ:―――

頭部の肉のスユク

 

 

料理概要

 

茹で肉を薄切りにしたもの。酢醤油やアミの塩辛などにつけて食べる。もともとは熟肉(スギュク)と呼ばれていたが、なまってスユクと発音されるようになった。スユクとはもともと茹でた肉の総称であるが、狭義には一品料理としてメニューに並ぶものをスユクと称することが多い。冷麺ソルロンタン(牛肉、牛骨、内臓などの各部位を煮込んだスープ)などの具として用いられるものも同じく茹で肉の薄切りだが、こちらはピョニュク(片肉)と呼んで区別される。ソルロンタンや、コムタン(牛肉と内臓などを煮こんだスープ)などのスープ料理を出す専門店のメニューに多く並び、その店の専門によってさまざまな部位の肉がスユクとして出される。ソルロンタンの専門店ではヤンジモリと呼ばれる胸部の肉などがスユクになり、ソモリクッパプ(牛の頭部を煮込んだスープにごはんを入れた料理)の専門店では頭部の肉(皮付近のゼラチン質の部分など)を使う。牛肉のほかにも豚肉や犬肉などを用いたスユクもある。スープ料理の専門店で酒肴として食べられることが多く、特に焼酎との相性がよいとされる。

 

戻る

トップページへ