韓国料理大図鑑

サムギョプサル

 

メルマガバックナンバー 韓国料理うんちく付きガイド

삼겹살】 サムギョプサル

説明:豚バラ肉を用いた焼肉

カテゴリ:肉料理

価格:1人前3,0007,000ウォン

場所:専門店、焼肉店

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

豚バラ肉を用いた焼肉。サムは数字の3、ギョプは層、サルは肉を表し、すなわちバラ肉のこと。牛肉のサムギョプサル(ウサムギョプ)もあるが、通常サムギョプサルと呼んだ場合は豚肉のことを指す。厚切りにした豚バラ肉を、よく脂が落ちるように中央が盛り上がった専用の鉄板で焼き、サンチュやゴマの葉などで包んで食べる。スライスしたニンニクや青唐辛子、ネギの和え物などを、肉と一緒に包んで食べる。味付けにはサムジャン、またはマッチャンと呼ばれる味付け味噌を用いるほか、ゴマ油に塩、胡椒を混ぜたつけダレも用いられる。地方によっては魚の塩辛をつけダレとして使うこともある。焼肉を専門とする店のメニューにならぶほか、サムギョプサル専門の店も数多く存在する。2001年になってワインに漬けて熟成させたサムギョプサルや、専用ロースターで焼くサムギョプサルなど新しいタイプのサムギョプサルが登場し人気を集めた。類似の料理としてはサムギョプサルを中心に、皮からカルビまでを幅広くとったオギョプサル3層肉に対して5層肉の意)がある。

 

戻る

トップページへ