韓国料理大図鑑

サンナクチ

 

メルマガバックナンバー

산낙지】 サンナクチ

説明:生きたテナガダコをぶつ切りにしたもの

カテゴリ:魚介料理

価格:1人前10,00020,000ウォン

場所:市場、専門店

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

生きたテナガダコをぶつ切りにしたもの。サンは生きていることを表す動詞、ナクチはテナガダコ。テナガダコの足をぶつ切りにし、ゴマ油、ゴマ、アラ塩などをふりかけて食べる。生きているところをそのままぶつ切りにするため、皿の上でうねうねと動くところに人気があり、精がつくとされる。テナガダコは全羅南道の木浦(モッポ)が有名で、サンナクチも郷土料理のひとつとして知られている。成長する前の足の細いテナガダコはセバルナクチと呼ばれて珍重される。木浦ではこのセバルナクチを生きたまま割り箸に巻きつけ、チョコチュジャン(酢を混ぜたコチュジャン)をつけてかぶりついて食べる。主に水産市場や刺身料理専門店などで1品料理としてメニューに並ぶ。テナガダコを用いた料理としては、テナガダコを野菜などと甘辛く炒めたナクチボックム、テナガダコを鍋料理に仕立てたナクチジョンゴルなどがある。

 

戻る

トップページへ