韓国料理大図鑑

ピンデトク

 

韓国料理うんちく付きガイド

빈대떡】 ピンデトク

説明:緑豆粉に具を入れ円盤状に焼いたもの

カテゴリ:ジョン料理

価格:1人前5,0008,000ウォン

場所:民俗酒場、食堂

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

緑豆粉に具を入れ円盤状に焼いたもの。ピンデの語源ははっきりせず、形状の似ている南京虫(韓国語でピンデ)が語源であるという説や、賓客をもてなすほど美味しいいうことでピンデ(賓待)の字があてられたという説などがある。トクは餅の意。店によってはノクトゥジョン(緑豆のジョン)、ノクトゥチヂミ(緑豆のチヂミ)などの名前で売られていることもある。少量の水と共に石臼、またはミキサーで粗めに挽いた緑豆に、牛肉、長ネギ、白菜キムチなどの具を入れ、フライパンなどで焼いて作り、醤油、酢、砂糖などを混ぜたタレにつけて食べる。民俗酒場などでつまみとして出されるほか、家庭でも作られ、特に祭祀を行う際には不可欠の食品であるとされる。

 

料理の由来

 

ピンデトクは1670年頃に書かれた『飲食知味方』にピンジャトク(貧者餅)として、文献上初めて登場する。そこには調理法として「アズキを蜂蜜と練り具として入れる」と書かれている。1809年に書かれた『閨閤叢書』にも「栗に蜂蜜をまぶした具を入れる」と書かれており、朝鮮時代までは現在と異なり、甘い菓子の一種であった。その後、時代が進むにしたがい、名称そのままで具を入れずに作るようになったと推測される。古い料理書などではピンデトクよりもピンジャトクを使う場合が多く、もともとは祭祀を行う時に、油で焼いた肉を高く積み上げるための下敷き用として使われた。こうした祭祀を行うのは富裕層に限定されており、これらの下敷き用の台を食べることはせず、市中の貧しいものに分け与えることにした。また凶作のときも施し用として同様の料理が作られたといい、そこから貧しい者の餅という意味でピンジャトクと名付けられた。これがピンデトクの名に変わっていった理由には諸説あり、ピンジャトクの形状が南京虫に似ており、韓国語で南京虫を表す「ピンデ」がピンジャと入れ代わってピンデトクに変化したという説や、賓客をもてなすほど美味しい餅ということでピンデトク(賓待餅)になったという説などがある。

 

戻る

トップページへ