韓国料理大図鑑

ピビムネンミョン

 

韓国料理うんちく付きガイド

비빔냉면】 ピビムネンミョン

説明:唐辛子をベースにした辛い薬味ダレをかけ、混ぜて食べる冷麺

カテゴリ:麺料理

価格:1人前4,0005,000ウォン

場所:専門店、焼肉店

辛さ:★★★

 

 

 

料理概要

 

唐辛子をベースにした辛い薬味ダレをかけ、混ぜて食べる冷麺。ピビムは混ぜるという単語の名詞形。ネンは冷たい、ミョンは麺の意。ピビムネンミョンは北朝鮮の咸興(ハムン)が有名である。冷麺には咸興式のピビムネンミョンのほかに平壌式のムルレンミョンがあり、こちらはソバ粉や緑豆粉を用いて麺を打ち、牛肉、豚肉、鶏肉、キジ肉などでダシをとったスープにトンチミ(汁を多めにして味を薄めに作った大根のキムチ)の汁を加えてスープを作ったもので、薄切りの牛肉(または豚肉)、大根キムチ、キュウリ、梨、ゆで卵などの具を乗せて食べる。ピビムネンミョンは、ジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシなどを原料にして作った押し出し式の麺に、唐辛子をベースにした激辛の薬味ダレをかけて食べる。エイやカレイなどの刺身を乗せて食べることが多く、刺身を乗せた冷麺はフェネンミョンという名前で呼ばれ、別名を咸興冷麺(ハムンネンミョン)とも称する。専門店、または焼肉店のメニューに並び、また一般の食堂でも夏になると冷麺を始めるところがある。類似の料理としては、冷麺用の麺でなく素麺を使用したピビムククス、小麦粉で麺を作ったピビムミルミョンなどがある。

 

料理の由来

 

料理の由来はネンミョンの項目を参照のこと。

 

五壮洞の冷麺

 

ソウル市中区に五壮洞(オジャンドン)という町があり、本格的な咸興冷麺を味わえる場所として全国に知られている。一時期は10店以上の専門店が集まっていたが現在は規模が縮小し、1953年創業の五壮洞興南家(オジャンドンフンナムチプ)、1955年創業の五壮洞咸興冷麺(オジャンドンハムンネンミョン)、1978年創業の五壮洞新昌麺屋(オジャンドンシンチャンミョノク)の3店舗が営業をしている。

 

戻る

トップページへ