韓国料理大図鑑

プゴクク

 

 

북어국】 プゴクク

説明:干したスケトウダラのスープ

カテゴリ:鍋・スープ料理

価格:1人前4,0005,000ウォン

場所:専門店

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

干したスケトウダラのスープ。プゴは漢字で北魚と書き、乾燥させたスケトウダラのこと。北の海でとれる魚という意味で北魚と呼ばれるようになった。ククはスープの意。酒を飲んだ翌日に酔い覚ましの目的で食べられることが多く、プゴヘジャンクク(ヘジャンククは二日酔いの朝に食べる酔い覚ましのスープの総称)と呼ばれることもある。棒などでよく叩いて柔らかくしたプゴを、ニンニク、ゴマ油とともに軽く炒め、そこに水を注ぎ入れて煮る。味付けには醤油、塩、胡椒などを用い、細ネギ、豆腐、溶き卵などを具として加えて作る。唐辛子が入らないので、あっさりとした味のスープになる。主に家庭料理として作られるが、専門店も存在する。類似の料理としては、特別な乾燥方法で作ったスケトウダラで作る、ファンテヘジャンクク(またはファンテクク)がある。ファンテ(黄太)は、江原道の山間部で作られ、厳寒期に野外で時間をかけながら乾燥させるのが特徴である。

 

戻る

トップページへ