韓国料理大図鑑

ポシンタン

 

メルマガバックナンバー 韓国料理うんちく付きガイド

보신탕】 ポシンタン

説明:犬肉を用いた鍋料理

カテゴリ:鍋・スープ料理

価格:1人前8,00010,000ウォン

場所:専門店

辛さ:★★―

 

 

 

料理概要

 

犬肉を用いた鍋料理。漢字では補身湯と書く。ポシン(補身)とは栄養価の高いものなどを摂取して身体を強健にすること。タン(湯)はスープの意。古くはケジャン、またはクジャン(狗醤)と呼ばれたが、現在は犬肉忌避の風潮から直接的な名称が嫌われ、ヨンヤンタン(栄養湯)、サチョルタン(四節湯)などとも呼ばれる。また北朝鮮では犬肉のことを俗にタンコギ(甘い肉)と呼ぶため、タンコギタン、タンコギジョンゴルという名前でも呼ばれる。三伏(※1)の季節料理としても名高く、夏負けを防ぐスタミナ料理、または病気の時に栄養をつける料理として食べられることが多い。下茹でした犬肉を食べやすい大きさに裂き、茹で汁に調味料、香辛料を混ぜた調味ダレを加え、長ネギ、セリ、ゴマの葉などの野菜とともに、もう1度鍋で煮込んで作る。臭い消しのために唐辛子やニンニク、エゴマなどの香辛料を多用するのが特徴である。主に専門店でのみ作られる料理で、一般の食堂などのメニューにはない。類似の料理としては犬肉を用いた鍋料理のジョンゴル、茹でた犬肉をタレにつけて食べるスユクなどがある。

 

※1 三伏(サムボク):夏至から数えて3度目の庚の日である「初伏(チョボク)」と、4度目の庚の日である「中伏(チュンボク)」、立秋後初めての庚の日である「末伏(マルボク)」の総称であり、1年中で最も暑い時期だとされる。

 

戻る

トップページへ