韓国料理大図鑑

トッポッキ

 

メルマガバックナンバー

떡볶이】 トッポッキ

説明:うるち米で作った餅を野菜などと炒めたもの

カテゴリ:屋台料理

価格:1人前2,0003,000ウォン

場所:屋台、粉食店

辛さ:★★―

 

 

 

料理概要

 

うるち米で作った餅を野菜などと炒めたもの。トッは餅の意。ポッキは炒めるという単語の名詞形。カレトク、またはヒントクと呼ばれるうるち米で作った棒状の餅を、野菜などとともに甘辛く炒めて作る。野菜にはタマネギ、ニンジン、長ネギなどを用い、味付けにはコチュジャン、粉唐辛子、砂糖などを用いる。具にはトッピングとしてギョウザ、ゆで卵、おでん(おでんに入る練り製品のこと)などを加えてもよい。家庭で作られるほか、屋台、粉食屋などで簡単に食べられることが多く、特に女性や子供の人気が高い。屋台料理としては代表的な地位にあり、街角の屋台では学生たちが間食として食べている姿もよく見かける。またその一方で、食事の代わりになるほど具の豪華なトッポッキを出す専門店もあり、ソウルの新堂洞(シンダンドン)が特に有名である。新堂洞には同業の店が林立するトッポッキタウンが形成されており、新堂洞トッポッキの名前は全国に広く知られている。類似の料理としては具にインスタントラーメンの麺を加えたラポッキがある。

 

戻る

トップページへ