韓国料理大図鑑

トックク

 

メルマガバックナンバー 韓国料理うんちく付きガイド

떡국】 トックク

説明:うるち米で作った餅を入れた雑煮

カテゴリ:鍋・スープ料理

価格:1人前3,5005,000ウォン

場所:食堂、粉食店

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

うるち米で作った餅を入れた雑煮。トッは餅、ククは汁、またはスープの意。古くはピョンタン(餅湯)とも呼ばれた。昔は雉肉でスープをとることが多かったが、現在では雉肉の入手が困難になったため、牛肉や鶏肉で代用している。牛肉を使用する場合はヤンジモリと呼ばれる脂の少ない胸部の肉が最適とされる。カレトク、またはヒントクと呼ばれるうるち米で作った細長い棒状の餅を、小判型に薄く切ってスープに入れ、醤油、塩、コショウ、みじん切りニンニク、刻みネギなどで味付ける。溶き卵や揉み海苔を加えたり、炒めた牛肉、サンジョクと呼ばれる肉や野菜を串に刺して炒めたものなどを具として載せてもよい。また、マンドゥと呼ばれる餃子を入れると、トッマンドゥククという料理になる。日本の雑煮と同様、韓国でも正月料理として欠かせない一品であるが、正月にのみ食べられるという訳ではなく、食堂や粉食店では1年を通してメニューに載せられている。類似の料理としては、チョレンイトクと呼ばれる小さく丸い形をした餅を使って作る、チョレンイトックク(またはチョラントックク)がある。チョレンイトッククは北朝鮮に位置する開城(ケソン)の郷土料理として知られ、韓国では北朝鮮料理の専門店で食べられる。

 

戻る

トップページへ