韓国料理大図鑑

テジクッパプ

 

メルマガバックナンバー

돼지국밥】 テジクッパプ

説明:豚肉、豚の内臓などを煮込んで作ったスープにごはんを入れたもの

カテゴリ:鍋・スープ料理

価格:1人前4,0005,000ウォン

場所:専門店

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

豚肉、豚の内臓などを煮込んで作ったスープにごはんを入れたもの。テジは豚の意。クッパプはスープにごはんを入れた料理の総称で、日本ではクッパと呼ばれることが多い。テジクッパプはもともと北部地方の郷土料理であったが、朝鮮戦争時に釜山へ避難してきた人たちが南部地方に伝えたとされる。現在は釜山をはじめとした南部地域の郷土料理として知られ、そのほかの地域ではまず見かけることがない。豚肉、豚の内臓を長時間煮込んで作ったスープにごはんを入れ、薄切りにした茹で豚、素麺、ネギなどを具として加え、塩で薄く味付けて作る。味に関しては、食べる人が自ら、塩、タデギ、アミの塩辛、ニラのキムチなどを加え、自分の好みに仕上げる。南部地域には専門店が多く、専門店では客の好みによって、ごはんや具の豚肉を別盛りにしてくれる。ごはんだけを別盛りにしたものをタロクッパプと呼び、ごはんと具の豚肉の両方を別盛りにしたものをスユッペッパンと呼ぶ。店によっては、具にスンデ(豚の腸にもち米や春雨、豚の血などを詰めたもの)を加えたテジクッパプもある。

 

戻る

トップページへ