韓国料理大図鑑

ナクチボックム

 

メルマガバックナンバー

낙지볶음】 ナクチボックム

説明:テナガダコを野菜などと甘辛く炒めた料理

カテゴリ:魚介料理

価格:1人前5,0008,000ウォン

場所:専門店、居酒屋

辛さ:★★★

武橋洞のナクチボックム

 

 

料理概要

 

テナガダコを野菜などと甘辛く炒めた料理。ナクチはテナガダコ、ボックムは炒め物の意。日本ではあまり馴染みのないテナガダコだが、韓国では、炒め物や鍋物など、多くの料理に用いられる。足をぶつ切りにしたテナガダコをタマネギ、ネギ、青唐辛子などの野菜とともに、粉唐辛子、コチュジャン、醤油などを混ぜ合わせた調味ダレで炒める。居酒屋などで酒肴として出されるほか、専門店では焼肉のように鉄板で炒めながら食べる。類似の料理としてはテナガダコのかわりにスルメイカを用いたオジンオボックムがある。またテナガダコを用いた料理には、テナガダコを鍋料理に仕立てたナクチジョンゴル。活きたテナガダコをぶつ切りにして粗塩とゴマ油で食べるサンナクチなどがある。テナガダコ料理全般は、産地である全羅南道の木浦(モッポ)が有名。

 

武橋洞のナクチボックム

 

ソウル市中区に武橋洞という地名があり、この一帯には昔からナクチボックムの専門店が多い。再開発によって店のいくつかは他地域に移転し、最盛期よりは数が少なくなっているが、それでも武橋洞といえばナクチボックムを思い出す人は多い。武橋洞のナクチボックムは極端に辛いのが特徴で、韓国人でも食べられない人が多い。そのままだと辛すぎるため、ごはんやサンチュ、モヤシのナムルなどと混ぜ合わせて食べる。

 

戻る

トップページへ