韓国料理大図鑑

キムパプ

 

 

김밥】 キムパプ

説明:海苔巻き

カテゴリ:ご飯料理

価格:1,0002,000ウォン

場所:屋台、粉食店、食堂

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

海苔巻き。キムは海苔、パプはごはんの意。海苔の上にごはんを敷き、具を芯にして円形に巻く。具には牛肉、卵焼き、たくあん、ホウレンソウ、ニンジン、シイタケ、ソーセージ、キムチ、ツナ、チーズなど多種多様なものが用いられる。日本の太巻きと同じく複数の材料を具として入れるのが一般的で、仕上げとして外側の海苔にゴマ油を塗ることが多い。屋台、粉食店、食堂などで売られるほか、家庭でも多く作られる。特に外出時や行事などの弁当としては欠かすことのできない料理である。中に入れる具によって、ソゴギキムパプ(牛肉海苔巻き)、キムチキムパプ(キムチ海苔巻き)、チャムチキムパプ(ツナ海苔巻き)、チーズキムパプ(チーズ海苔巻き)などと呼ばれる。また海苔を内側に巻いて裏巻きにしたヌードキムパプ、おにぎりの別名であるサムガッキムパプ(三角キムパプ)などの種類もある。慶尚南道統営市の地方料理として知られる、具を何も入れず細巻きにしたチュンムキムパプ(忠武キムパプ)も有名である。

 

戻る

トップページへ