韓国料理大図鑑

コムタン

 

 

곰탕】 コムタン

説明:牛肉と内臓などを煮こんだスープ

カテゴリ:鍋・スープ料理

価格:1人前5,0007,000ウォン

場所:専門店、食堂

辛さ:―――

 

 

 

料理概要

 

牛肉と内臓などを煮こんだスープ。コムはもともと膏飲(コウム)という言葉で長い時間かけて煮出すということ。タンはスープの意。コムククとも呼ばれる。牛の胸部の肉、スネ肉、肺、胃、腸などの各部位を長時間煮込み、そのスープに茹でた牛肉を薄切りにしたものを具として乗せ、ネギなどの薬味を加えて食べる。ごはんを入れて食べてもよい。専門店をはじめ、食堂、学生食堂、など幅広い飲食店にて食べられる料理である。全国的に食べられている料理だが、全羅南道の羅州(ナジュ)には透き通ったスープに粉唐辛子を振った赤茶色のコムタンがあり、郷土料理として認知されている。ほかにコムタンの名がつく料理としては、鶏肉を煮込んだタッコムタン。牛のテールを煮込んだコリコムタンなどがある。

 

コムタンとソルロンタンの違い

 

コムタンとよく煮た料理にソルロンタンがあり、この両者は混同されることが多い。コムタンは長い時間かけて煮出したスープという意味なので、ソルロンタンも広義のコムタンだと言うことができる。細かな違いとしては、ソルロンタンはコムタンに比べて骨が多く入り、骨髄までが煮出されて白濁している点があげられる。ただし、現代においてはその違いが曖昧になっており、白濁したコムタンも少なくないのが現状である。

 

戻る

トップページへ