韓国料理大図鑑

ケジャン

 

メルマガバックナンバー 韓国料理うんちく付きガイド

게장】 ケジャン

説明:カニの塩辛

カテゴリ:魚介料理

価格:1人前10,00020,000ウォン

場所:専門店など

辛さ:★★―(ヤンニョムケジャンの場合)

カンジャンケジャン

 

 

料理概要

 

カニの塩辛。ケは韓国語でカニのこと。ジャンは醤という漢字語を表す。ケジョッとも呼ばれる。カンジャンケジャンとヤンニョムケジャンの2種類があり、前者はカニを壷などの容器に入れ、ニンニク、ショウガ、糸唐辛子、ゴマなどを入れ、鍋にかけて沸騰させた醤油を注いで作る。後者は醤油、ニンニク、ショウガ、粉末唐辛子、砂糖、水飴、ゴマ油などを混ぜ合わせた辛い薬味ダレに漬け込んで作る。ケジャンに使用されるカニはワタリガニがもっとも一般的だが、ケガニ、イシガニ、シナモクズガニなど地域によって幅広い種類が使われている。殻がついたままなので殻を歯で噛み砕き、中の身を吸い出すようにして食べる。食べ終わったカニの甲羅にごはんを入れて食べてもよい。刺身専門店などで一品料理として出されるメニューだが、専門店も少なくない。ソウルでは新沙洞(シンサドン)、方背洞(パンペドン)などに専門店が集まっている。

 

戻る

トップページへ