コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第94号

 

 

<ごあいさつ>

2月になりました。

早いもので、新年からもう1ヶ月です。

雑煮、お節料理はどこへやら。

気付けば目の前に、丸かぶり寿司が迫っています。

ちなみにお隣韓国では、これからがお正月。

陰暦で祝うため、今年は2月9日が新年となります。

隣の芝生は青く見える……じゃないですが、

ちょっとうらやましいというのも本音ですよね。

ああ、正月休みが懐かしい……。

ま、そんなことをブツブツ言っても仕方ないので、

気を取り直して、今号のテーマを紹介しましょう。

今回はなんと、かつてない大チャレンジをしてきました。

世界初、世界唯一の韓国料理を自ら製作。

その感動と興奮のリポートをお届けします。

コリアうめーや!!第94号。

未知なる世界へ、スタートです。

 

<プデチゲを超える師団チゲを作成!!>

プデチゲという料理がある。

 

ハムやソーセージが入った洋風のチゲ。

プデチゲのプデは「部隊」のことを表し、

直訳すると「部隊チゲ」、または「部隊鍋」となる。

 

なんとも物々しい名前だが、この名前にはちょっとした訳がある。

 

プデチゲが誕生したのは、朝鮮戦争後の食料が乏しい時代。

米軍基地からの流出食材でチゲを作ったのが始まりだ。

 

部隊で食べる食材を使ったから、部隊チゲ。

 

苦肉の策から生まれた料理だったが、

食べてみると意外にも相性がよかった。

 

これが人気を得て、徐々に全国各地へと広まり、

今では韓国を代表する料理のひとつとなっている。

 

 

と、普通にプデチゲの解説をしたところで、

態度をくるっとかえ、プデチゲに苦言を呈したいと思う。

 

いきなり料理に向かって苦言もないものだが、

常々、このプデチゲという料理には、思うところがあった。

 

誤解ないように、前もって言っておこう。

決して、プデチゲという料理が嫌いなわけではない。

むしろ韓国料理の中でも、好きな部類に入る。

 

嫌いではないのだが、なんとも残念なことがひとつだけあるのだ。

 

僕は声を大にして言おう。

 

 

プデチゲは自らの可能性を活かし切っていない!

 

 

もっともっと可能性に満ち溢れているはず。

プデチゲは韓国料理の中でも特別な存在なのだ。

 

普通の韓国料理では考えられない材料を使いつつ、

それでいてきちんと韓国料理の枠組みに収まっている。

 

未知なる食材を、がっしりと受け止めた料理。

韓国料理の概念を、大幅に塗り替えた料理。

フロンティアスピリットあふれる料理なのである。

 

だからこそ、僕は思う。

 

プデチゲはまだまだ進化できるのではないか。

 

韓国中で広く愛されるようになった今こそ、

さらなる高みを目指して、生まれ変わるべきではないか。

 

そう、それはプデチゲを超えるプデチゲ。

 

「師団チゲ」を目指すのだ!!

 

  

普通のプデチゲ。

 

という、身勝手な理屈をこしらえたのが昨年末。

 

「師団チゲ」とは「部隊チゲ」よりも大規模という意味である。

 

実際にそういう料理がある訳でもなんでもなく、

まったくの創作、まったくのお遊び料理だ。

 

ちなみに、いろいろ御託を並べ立てたが、

言わんとすることは、特にたいしたことではない。

 

従来のプデチゲにはない、新たな食材を試してみようということ。

いろいろな材料を集めて、片っ端からプデチゲに入れてみる。

 

平たく言えば、韓国式の「闇鍋」をやろうじゃないか、ということだ。

 

プデチゲよりも具をたくさん入れるから師団チゲ。

 

内容があまりないときは、ネーミングで脅かすという、

企画の基本を忠実に守ったイベントを開催してみた。

 

 

参加者はホームページの掲示板で募集した。

 

アホな企画ではあるが、参加者はありがたいことに8名。

しかもこのえらく寒い時期に、会場はよりによって野外である。

 

料理の出来る適当な場所が屋内で見当たらず、

じゃあ、外でやろうか、というくらいの軽い気持ちであったが、

実際にやってみると、間抜けさが度を増しただけだった。

 

会場となったのは、東京湾に面するオートキャンプ場。

 

1月にわざわざキャンプをしに行く人はいないと見えて、

キャンプ場は笑ってしまうくらい見事な貸切状態だった。

 

  

会場としたのは東京都大田区の城南島海浜公園。羽田空港が近いので、飛行機の離着陸、旋回のようすが間近に見える。

 

現地に到着し、まずは食材の整理から始める。

 

一般的にプデチゲに使われる材料というと、こんな感じである。

 

スパム、ソーセージ、チーズ、インスタントラーメン、

オデンの練り物、韓国餅、豆腐、野菜・キノコ類、白菜キムチ。

 

具だくさんなイメージの料理だが、それでも普通は10数種類。

20種類を越すことは、まずないだろう。

 

 

だが、師団チゲはプデチゲの上をゆくチゲでなければならない。

我々が用意した食材は、次のようになった。

 

豚肉、タマネギ、ジャガイモ、長ネギ、ニンニク、サツマイモ、

シイタケ、シメジ、エノキダケ、リンゴ、スパム、うずらの卵、

コーン、ウインナー、豆腐、白菜キムチ、スライスチーズ、きりたんぽ、

マロニーちゃん、博多ラーメン、稲庭うどん、焼売、油揚げ、

餅、おでん種(はんぺん、コンニャクなど8種類)。

 

おでん種をひとつずつ数えると、全部でなんと32種類。

 

通常のプデチゲに比べ、食材の数は倍以上。

これだけあれば、師団を名乗ってもおかしくあるまい。

 

  

  

師団チゲに投入された具の数々。リンゴが異彩を放っている。

 

特筆すべきは、野菜類の隙間にリンゴが加えられている点。

 

他の食材は、なんとなく味の想像がつくが、

リンゴだけは食べてみるまで、結果がどうなるかわからなかった。

 

また、プデチゲが洋風の加工品を多く使用したチゲであることから、

きりたんぽ、焼売といった加工食品を多く準備している。

 

 

調理方法は、極力シンプルを心がけた。

具が大量なだけに、ややこしい調理はなるべく避けたい。

ベースとなるチゲをまず作り、そこにもろもろの具を投入する方式をとった。

 

まず鍋に野菜、豚肉を入れて炒め、そこに水を注ぐ。

水が沸騰したら、白菜キムチ、唐辛子、塩、醤油などで味をつける。

ソーセージなどの肉系加工品から順番に足していく。

 

正式なプデチゲの作り方とは異なるが、大量に作るときはこの方式が便利だ。

 

チゲのベースがある程度整ったところで、

シイタケ、シメジなどのキノコ類、缶詰類を投入していく。

リンゴもきちんとスライスされ、ちょっと見た限りでは野菜のようだ。

 

スライスチーズをたっぷりと乗せ、缶詰コーンもざらざらと入れる。

うずらの卵がプカプカと浮かび、きりたんぽがそこにぶつかる。

 

全部の具は入りきらず、2陣に分けるほどのごった煮感。

すべての具が入った頃には、鍋の中が満員電車のようになっていた。

 

無節操な具の混在ぶりはいかにも心配だったが、

何はともあれ、これで師団チゲの完成である。

 

   拡大

師団チゲ。右の画像はクリックで拡大可。

 

さて、料理が完成したら後は食べるのみ。

 

「ようし、食べよう!」

 

の掛け声とともに、一同が割り箸と紙皿を持って集結。

我先にと争いつつ、鍋にお玉を投入していく。

 

すると、その時点でまず驚愕の事実が判明した。

 

お玉ひとすくいごとに、それぞれ違う食材が運ばれてくる。

鍋の中から、何が飛び出してくるのか、まったく予測がつかない。

 

食事の盛り付けというよりも、海に投網でも打つような感覚。

 

普通の鍋料理とは、また違う興奮である。

 

 

食べ始めると同時に、あちこちから色々な声があがる。

 

「むむっ、チーズが溶けてスープがすごくまろやか!」

「リンゴの酸味と甘味がきちんとスープに溶け出ている!」

「うーん、リンゴそのものも別に嫌じゃない!」

「コーンがけっこう利いている!」

 

あれだけ、節操のない材料構成でありながら、

不思議とまとまった感じがあるのは、チゲのフトコロの深さだろうか。

食材それぞれが少しずつ自分の持ち味を活かし、

上手に喧嘩しないまま、複雑でいい味わいを創りあげていた。

 

「ふむぅ、不思議だ。普通にうまい」

「具はむちゃくちゃだけど、きちんとチゲになっている」

「これは2度と作れない料理だねえ」

 

みんながそれぞれの言葉で褒める。

 

ただの闇鍋で終わることも覚悟していたが、

普通においしい料理となったようだ。

 

参加した皆が、それぞれ空腹だったこともあり、

鍋いっぱいの師団チゲは、あっという間になくなった。

 

 

鍋をいったん空にし、第2陣の具を投入する。

 

今度はおでん種を中心に、焼売、餅などボリュームのある食材。

第2陣で人気が高かったのは、焼売、はんぺん、がんもどきなどだった。

 

焼売の相性のよさは、事前に予想された通りだったが、

おでん系の材料は、合う食材と、合わない食材がきっぱり分かれた。

 

はんぺん、がんもどきなど、クセのない具はほとんどOK。

基本的にチゲのスープが染み込んでいく食材は、よく合うらしい。

 

逆に、スープの染み込まない材料は、食材の味がそのまま残った。

 

コンニャクはコンニャクの味のまま。

ゴボウ巻きも、ゴボウ巻きの味でしかない。

 

決してまずくはないものの、食材と味付けに一体感がない。

互いが自己主張をするだけで、相容れる部分は見受けられなかった。

 

 

というあたりから、師団チゲの結論。

 

チゲの味付けは、かなりの食材を受け止めることが出来る。

スープの染み込みにくい食材は使いにくい。

 

この2点に尽きるであろう。

 

これを教訓にさらなる具の可能性を追い求めたい。

 

 

最後に好評だった具だけを選出し、プデチゲを再構成してみよう。

 

まず、既存部隊から下記の6食材を選出。

豚肉、スパム、ソーセージ、白菜キムチ、長ネギ、スライスチーズ。

 

いずれもプデチゲには欠かせない食材ばかりである。

 

そして、新規参入部隊から追加として6食材。

コーン、うずらの卵、焼売、はんぺん、マロニーちゃん、稲庭うどん。

 

既存の6種類に、新規の6種類を加え、

これを次世代の進化型プデチゲと指定したい。

 

 

名付けて、特殊部隊チゲ。

 

 

師団の中から精鋭だけを集めた、最強の部隊である。

 

いずれまた、この特殊部隊チゲを個別に製作し、

その味の素晴らしさを確かめてみたいと思う。

 

<お知らせ>

師団チゲの写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<お知らせ2>

『目からウロコのハングル練習帳』は好評発売中。

売れ行き好調を受けて、増刷の声も聞こえてきました。

 

書籍刊行情報

http://www.koparis.com/~hatta/news/news_000.htm

表紙紹介ページ

http://www.koparis.com/~hatta/news/news_008.htm

内容紹介ページ

http://www.koparis.com/~hatta/news/news_009.htm

 

<八田氏の独り言>

野外で韓国料理は意外に楽しいです。

暖かくなってきたら、また企画したいですね。

 

コリアうめーや!!第94号

2005年2月1日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ