コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第73号

 

 

<ごあいさつ>

3月も半ばになりました。

ぽかぽかと暖かい日が続き、

吹く風もだいぶ和らいできています。

あともう1度くらいは、寒さも戻ってくるのでしょうが、

とりあえずはこの暖かさを喜びたいと思います。

花見酒が飲めるのも、もうすぐだなあ……。

なーんて、指折り数えたりして。

桜のつぼみに「がんばれよ」なんて、

思わず声をかけてしまう今日この頃です。

さて、今号のコリアうめーや!!ですが、

数ある韓国料理の中でも人気のある一品を紹介です。

それも、自分で作ってみてのリポート。

コリアうめーや!!第73号。

つるつるつると、スタートです。

 

<僕はチャプチェを愛せるか!!>

あめ、あめ、ふれふれ、かあさんがー。

ジャノメで、おむかえ、うれしいなー。

ぴっちぴっち、チャプチェ、チャプチェ、らんらんらん!

 

と、いきなり目も当てられないような、駄ギャグからスタート。

先が思いやられるが、ともかくテーマはチャプチェである。

 

チャプチェとはいわゆる春雨炒めのこと。

 

タンミョンという韓国の春雨を、ゴマ油で炒めた料理で、

牛肉、野菜、キノコなど、とにかく具がたっぷり入る。

味付けは醤油、砂糖で甘こってりと仕上げ、

韓国料理特有の、唐辛子による赤さ、辛さはない。

 

タンミョンは日本の春雨よりも太めなので、

麺を食べるときの、しっかりした食感がまた嬉しい。

 

このチャプチェという料理。

僕の偏見かもしれないが、女性ファンの多い料理ではないかと思う。

チャプチェというかわいらしい音の響きが、そう感じさせるのだろうか。

少なくとも僕の経験上は、そう感じることが多い。

 

例えば、

 

「あたし、チャプチェ大好きなんですぅ」

 

というセリフは何度も耳にしたことがあるが、

 

「押忍!自分チャプチェ大好きであります!」

 

というセリフは今だかつて聞いたことがない。

また、ゴツイ身体をした大男に、

 

「チャプチェ食いてぇんだけどな」

 

と言われても、けっ、勝手に食えば、と思うだけだが、

これが綺麗な女性であったら話がまったく違ってくる。

 

「あたしチャプチェ食べたいなぁ」

「あ、そう? うんうん、チャプチェ食べようねぇ」

 

と、鼻の下を3メートルくらい伸ばすことだろう。

少し極端な例ではあるが、やはり女性に似合う料理に思える。

 

 

だからという訳ではないのだが、

男性である僕はチャプチェにこれといった執着がない。

あまり思い入れもないし、そもそも韓国で食べた記憶もほとんどない。

 

過去の留学経験や、旅行などの記憶を振り返っても、

チャプチェ、食べたことあったっけかなあ……という程度。

どこかで食べているはずだよなあ……と脳みそがねじ切れるほど考えて、

やっとなんとか2例ほど思い出したくらいである。

 

1回は留学時代に、友達とカフェのような店で食べたとき。

ただしこのときは、普通のチャプチェではなく、

ごはんの上にチャプチェを盛りつけた、チャプチェパプという料理だった。

麺とごはんを混ぜ合わせて食べるという、そばめし的な料理である。

 

もう1回は、旅行先で韓定食を食べたとき。

韓定食に限らず、おかずが豊富な定食系のメニューを頼むと、

おかずの一品として、チャプチェが出てくることがある。

 

もっと考えれば、他にもあるのだろうが、

とりあえずくっきりと覚えているのはこの2回だけである。

チャプチェは家庭で作る料理であり、外で食べる料理ではないのだ。

 

かくして次のような、ねじれ現象が起こる。

 

韓国では家庭料理なので、外のメニューにはあまり出てこない。

日本の韓国料理店では、まさにその家庭料理を出すので、どこの店にも置いてある。

 

韓国人には馴染みのある料理であり、日本に住む韓国ファンにも馴染みがある。

だが、僕も含めて、外国人として韓国に住んでいた(いる)者にとっては、

あまり食べる機会がなく、馴染みのない料理になってしまうのだ。

 

僕がチャプチェを食べるようになったのも、

実は日本に帰ってきてからである。

 

誤解ないように、言っておくが、

決してチャプチェが嫌いなわけではない。

 

嫌いではないが、大騒ぎするほど好きでもない。

そのため、このメルマガも第73号を数えるが、

今に至るまで登場することはなかった。

 

  

いろいろな店で食べたチャプチェ。入る具は店によってさまざま。

 

だが、最近になって思った。

 

韓国料理を語る者として、それではよくないのではないか。

馴染みのない料理でも、等しく愛さねばならないのではないか。

 

なにしろ、日本では女性に人気の料理である。

チャプチェが女性に愛される以上、

チャプチェを語る人も、便乗して愛されるかもしれない。

 

「僕、チャプチェ好きなんだよね」

「きゃあ、あたしもぉ。あたしたち気が合うね!」

 

ということが、まったくないとは言えないではないか。

 

以上、極めて健全かつまっとうな理由により、

僕はチャプチェへの愛情を、より大幅に深めることにした。

今後、僕は大のチャプチェ好きとして生きることを、ここに宣言する。

 

問題はその好きになる方法であるが、

しばらく考えて次のような名案を思いついた。

ヒントになったのは、僕が幼いころによく聞いた母親の口ぐせである。

 

「馬鹿な子でも我が子はかわいい」

 

幼い頃は、かわいがられているのだなあと思っていたが、

今になってよくよく考えてみるとずいぶんヒドイ話である。

 

だが、まあ、それがヒントになるのだから怒ってもいられない。

この、我が子はかわいい、というのは次のように応用できる。

 

「自分で作った料理はなんでもおいしい」

 

思えば、これも母親の言葉だった気がするが、

それはさておき、とある休日の昼下がり。

材料を買って来て、チャプチェ作りにチャレンジしてみた。

チャプチェを作るのは、もちろん初めての試みである。

 

  

ずらりと並んだチャプチェの材料。右の大きい袋がタンミョン。

 

まずは、さまざまなレシピを比較検討しつつ、

また、過去あちこちの店で食べた経験をもとに、中に入れる具を選んだ。

なにしろチャプチェは具だくさんがおいしい。

できるだけ欲張って材料を選ぶこととした。

 

決定したのは、以下のようなラインナップ。

野菜はキュウリ、ニンジン、タマネギ、ピーマン、赤ピーマン、ホウレンソウ。

そしてキノコ類。シイタケ、キクラゲは絶対に欠かすことができない。

最後に牛肉。特に高価である必要はないが、この際なので贅沢に和牛を使った。

 

主役になるタンミョン(韓国春雨)は韓国スーパーにて購入。

日本の春雨や、葛切りなどで代用できるという人もいるが、

本格的なチャプチェを作るならば、やはりタンミョンにこだわりたい。

 

以上、材料はなんと10種類。

そのほかにも、調味ダレを作るのにニンニク、長ネギなどが加わる。

作り始めるにあたり、すべての具をテーブルに並べてみたら、

そのずらり感は、まことに壮観であった。

 

「いやあ、これはいいチャプチェが出来そうだなあ」

 

と1人キッチンでにやにやしていたが、

その喜びも、作り始めると、あえなく激しい後悔へと変わる。

なにしろ10種類もの材料を使うとなると、手間もものすごいのだ。

 

まず、キュウリを切ったり、ニンジンを切ったり、タマネギを切ったり、

ピーマンを切ったり、赤ピーマンを切ったり、牛肉を切ったり、

ニンニクを切ったり、長ネギを切ったり、キクラゲをもどしたり、

ホウレンソウをゆがいてナムルを作ったりしなければならない。

 

また、醤油と砂糖とゴマ油などを混ぜ合わせた調味ダレを作り、

細切りにした牛肉と、キノコ類を別々に下味をつけて、別々に焼いたり、

各種野菜をフライパンで炒めて、軽く塩で味つけたりしなければならない。

 

その上、タンミョンはたっぷりの湯で茹でて、

茹であがったら水にさらして、食べやすい長さに切った後に、

さらにフライパンで炒めて、醤油、砂糖で味付けなければならない。

 

フライパンで炒め終えたタンミョンは大きなボールに移し、

炒めた牛肉と、炒めたキノコ類と、炒めた野菜類と、ホウレンソウのナムルを加えて、

全体をよく混ぜ合わせて、最後に白ゴマをパラパラふらなければならない。

 

それはもう、すごい手間で、すごい大変で、すごい時間がかかった。

 

「チャプチェ作るのって、大変なんだなあ……」

 

と、しみじみ思った。

 

  

野菜を切り(左)、調味ダレを作り(中)、肉やキノコ類に下味をつける(右)。

  

肉とキノコを別々に炒め(左)、皿にとりおき(中)、また別に野菜を炒める(右)。

  

タンミョンを茹で(左)、水にさらして(中)、炒めた後すべての具材と混ぜる(右)。

 

今まで韓国料理店では「あと、チャプチェもくれる?」などと、

さも、ついでのようにして頼んでいたが、これは大きな誤りであった。

もっと心をこめて「ぜひチャプチェをくださいませ」と頼むべきであった。

 

このようなもろもろの反省点を含め、

僕のチャプチェへの愛は、確実に深まっていった。

 

さて、そのチャプチェを試食してみる。

自分の作ったチャプチェは、本当にうまいのだろうか……。

 

結論。

 

うっひょー!!

マイ・チャプチェ、激うまっ!!

 

うんうん、やっぱり自分で作るとうまいねえ。

具だくさんに作れるってのもいいねえ。

それも自分の好きな具をたっぷり入れて作れるのがいいねえ。

 

と全面的に「いいねえ」だらけの人になって、

いつになく、チャプチェをもりもりと食べた。

 

ひとつ失敗があるとすれば、調子に乗って作り過ぎたこと。

3人分くらいを目指して作り始めたはずが、

材料の目測を誤って5〜6人分くらい出来てしまった。

 

まあ、でもマイ・チャプチェなら毎日食べてもいいな。

というくらいの出来だったので、これは特に反省しなかった。

 

苦労の甲斐あって、おいしくできたマイ・チャプチェ。

 

ところが、翌朝。

事態はもう一展開する。

 

なんとマイ・チャプチェがすべてなくなっていたのだ。

夜遅く帰って来た母と妹が、マイ・チャプチェを、

きれいさっぱりたいらげてしまったのである。

 

「チャプチェ全部食べたの?」

「うん、食べちゃった」

「あれだけの量を、全部食べたの?」

「うん」

 

そりゃあ、もうびっくり。

2人で4〜5人前はたいらげた計算になる。

 

やはり、チャプチェは女性が好む料理なのだろうか。

僕にはとてもあの量を食べきることはできない。

ちょっと食べて満足した僕の愛は、せいぜいその程度。

僕はまだ充分にチャプチェを愛せていないのだった……。

 

真にチャプチェを愛するには、さらなる修行が必要。

そう、再確認した、マイ・チャプチェ体験であった。

 

<おまけ>

チャプチェのレシピをホームページで紹介します。

自分で作ってみたいチャプチェ好きの方はぜひごらんください。

 

<お知らせ>

チャプチェの写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<八田氏の独り言>

コリアうめーや!!も創刊から丸3年。

時が過ぎるのは早いものですねえ……。

 

コリアうめーや!!第73号

2004年3月15日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ