コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第58号

 

 

<ごあいさつ>

ああ、みなさん……。

本当に今日から8月なのでしょうか。

だらだらと長引いた梅雨のために、

まったく8月らしさを感じられません。

こんがり日焼けすることもなく、

熱帯夜に苦しめられることもなく、

ギラギラする太陽を呪うこともありません。

暑い夏は本当にやってくるのでしょうか。

どうも不安な8月の始まりです。

さて、今号のコリアうめーや!!ですが、

少し懐かしさを感じる一品を紹介します。

お隣の国の料理ではありますが、

はるか昔から脈々と継承されてきた、

アジアの記憶を呼び覚ます味です。

初めてなのに懐かしい。

そんな不思議な感覚こそアジアの魅力です。

コリアうめーや!!第58号。

魂が共鳴するスタートです。

 

<裏道に漂うかぐわしき味噌の香り!!>

今日のごはんは麦飯と味噌汁。

そう聞いて、胸がときめく人はあまりいないと思う。

 

贅沢、豪華、美味などのイメージとは程遠い。

むしろ質素、淡白、地味などのイメージがつきまとう。

まして「貧」の呼び声すら聞こえそうだ。

 

例えば誰かにごはんをおごってもらうとする。

 

「八田くん。今日はウナギでも食べに行こうか」

 

というセリフだったら、すぐさま尻尾を振ってついていくだろう。

 

「行きます。行きます。キャインキャイン」

 

もみ手スリスリ。頭ヘコヘコ。よだれジュルジュル。

贅沢も、豪華も、美味も満たされること間違いなしである。

 

だが、それが麦飯と味噌汁だったら。

 

「八田くん。今日は麦飯と味噌汁を食べに行こうか」

 

尻尾を振る前に、首をブンブンと振ってしまうかもしれない。

 

贅沢でなく、豪華でもなく、美味も期待できない。

麦飯と味噌汁のコンビでは、やはり食事としての魅力に乏しい。

 

いくら栄養があろうとも。

いくら安価であろうとも。

いくら郷愁を誘おうとも。

 

そこにウナギのような喜びを見出すのは不可能だ。

 

ところが。

この地味なツーショットが、ソウルのど真ん中で人気を集めている。

 

レトロブームか。

はたまた安さだけの魅力なのか。

あるいは粗食を心がけるためだろうか。

 

いや、そのどれでもない。

麦飯と味噌汁は、実力によって人気を勝ち得ているのである。

 

舞台はソウルの仁寺洞(インサドン)。

芸術と伝統が息づく、高尚な雰囲気の街である。

 

  

  

仁寺洞の風景。メインストリートには屋台、露店などがひしめく。小物、骨董品を売る店や、伝統菓子の実演販売、占いなどの店がならび、歩いているだけでも楽しい。

 

仁寺洞は観光客にも人気が高い。

メインストリートには骨董品、美術品、小物などの店が並び、

趣のある、独特の空間を作りあげている。

 

時代の流れに身をまかせず、古き良きものを現代に残す街。

 

スターバックスですら、ここでは目立たない茶色に塗りかえられ、

看板は街の雰囲気に合わせ、アルファベットでなくハングルで書かれている。

現地語で看板を掲げるスターバックスは、世界でもここ1店だけだそうだ。

 

そんな伝統の町で食べる、麦飯と味噌汁。

 

地味を代表するような両者が、一体となって美食を作りあげている。

 

その名をテンジャンピビムパプ。

直訳すると、味噌ビビンバとなる。

 

石焼きでなく、ユッケでもない。

知る人ぞ知る、型破りなビビンバが仁寺洞にあるのだ。

 

仁寺洞のスターバックス。看板にはハングルでスターバックスコーヒーと書いてある。

 

仁寺洞のメインストリートから、ごちゃごちゃした裏道へ入り、

何度かのジグザグを経た迷路の奥に、味噌ビビンバの専門店はある。

 

地下への階段をトントントンと降りていくと、

味噌を煮詰めた、香ばしい匂いが鼻をくすぐる。

胸にぐっとくる香りである。

 

小上がりに陣取って、味噌ビビンバを注文すると、

店のメインメニューであるせいか、ほとんど待たずに出てきた。

 

ドンブリに盛られた麦飯、素焼きの器にグツグツの味噌汁。

 

この味噌汁はテンジャンチゲと呼ばれ、普通の食堂では一品メニューになっている。

日本の味噌汁と違い、具だくさんで、煮立てるのが特徴。

 

イワシ、牛肉、アサリなどでダシをとり、

ジャガイモ、豆腐、長ネギ、青唐辛子などの具を入れる。

激辛メニューが多い韓国料理の中で、ほっと息をつける素朴さが魅力だ。

 

この店では豆腐と肉がたっぷり入り、

また、濃く煮詰められて少しどろりとしている。

味噌汁というよりも、見た目は麻婆豆腐に近いかもしれない。

 

 

  

仁寺洞の裏道で食べるテンジャンピビムパプはしみじみと懐かしくおいしい。

 

さて、このテンジャンチゲをどうするか。

 

答えはひとつ。

ざばっと麦飯にかけるのである。

 

ドンブリに盛られたほかほか麦飯。

そこにまずザク切りにした生のニラとチコリを加え、

おもむろにテンジャンチゲをかける。

 

テンジャンチゲは全部いっぺんにかけてもいいが、

少しずつ食べる分だけ混ぜていくと失敗が少ない。

 

麦飯、味噌汁、爽やかさを演出する香味野菜。

これらをスプーンでざくざくとかき混ぜて食べる。

 

悪くいえば、ぶっかけごはん。

ただし、これが芸術的にうまい。

 

  

麦飯にニラ、チコリを乗せ、テンジャンチゲをかけ、よくかき混ぜて食べる。

 

口に運ぶと、まず味噌の香りがぷんと鼻に抜ける。

味噌は大豆の形が残っており、噛みつぶすとさらに香りがいい。

懐かしく、心の底を撫でていく香りである。

 

味噌の塩気が、素朴な味わいの麦飯によくあう。

麦飯の粗い食感が、汁気で少しやわらぐのもいい。

 

うまい。単純にうまい。

 

これぞまさに、米を食い、味噌を食う者たちの原点。

米と味噌のうまさこそが、この料理のすべてである。

 

初めて食べる外国料理にもかかわらず。

妙に懐かしいうまさが、魂の奥底を震えさせる。

 

DNAがうまいと叫ぶ味。

 

この感動を知ってしまったら。

もう尻尾は振っても、首は絶対に振れない。

 

さあ、思い出して欲しい。

今日のごはんは麦飯と味噌汁である。

 

「八田くん。今日は麦飯と味噌汁を食べに行こうか」

「行きます!」

 

そう、答えはきっぱりとひとつしかないのだ。

 

<おまけ>

仁寺洞以外でもテンジャンピビムパプは食べられます。どこでも食べられるというメニューではありませんが、ソウルでも他にいくつかの有名店があります。僕が味噌ビビンバを初めて食べたのが仁寺洞。そのときから、僕の中では仁寺洞が味噌ビビンバの街なのです。

 

<お知らせ>

味噌ビビンバの写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<お知らせ2>

無事に本が発売されました。八田式「イキのいい韓国語あります。」は好評発売中です。多くの人が電車の中で読み、ぷっと吹き出しては周囲の人に冷たい目で見られています。書店で見かけたら、ぜひとも手にとってみてください。損はさせません。

 

書籍に関する詳しい情報はコチラをごらんください。

http://www.koparis.com/~hatta/news_000.htm

 

<お知らせ3>

プサンナビというサイトで巨済島に関する記事を書きました。

絶品のヒラメ、最高のフグなど、巨済島のうまいものを食べ尽くしです。

http://www.pusannavi.com/food/food_r_article.php?id=28&ArtNo=4

 

<八田氏の独り言>

毎年言っていますが、明日誕生日です。

今夜は新大久保で朝まで飲んだくれる予定です。

 

コリアうめーや!!第58号

2003年8月1日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ