コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

 

コリアうめーや!!第48号

 

<ごあいさつ>

3月になりました。

2月というとまだガタガタ震える印象がありますが、

3月となるとどこか春の訪れを感じさせる響きがあります。

ぽかぽか陽気に包まれるのもあと少し。

コートを脱ぎ捨て、カイロを放り投げ、

桜の下で酔っ払える日も近いというものです。

あー、花見したいなあ……。

さて、今号のコリアうめーや!!ですが、

前号に引き続き、地方料理をテーマにしています。

今回訪れたのは慶尚北道の安東という町。

李朝時代の歴史を現代に残す、由緒ある土地です。

その安東で出会った、ちょっと愉快なニセモノ料理。

くすっと笑ってしまうような逸話が残されていました。

コリアうめーや!!第48号。

ぼうやはよいこのスタートです。

 

  

左から安東駅、安東ダム、安東旧市場のチムタク通り。

 

<安東むかしむかし物語その1>

むかーし、むかしのことじゃった。

そうさな。まだトラがタバコをすっていたころの話。

いやいや、そんなにむかしではなかったかもしれん。

とにかく、むかーしの話じゃ。

 

安東(あんどん)という村に、

ユ・ウォンテクという名の両班(やんばん)がおった。

 

なに、両班がなんだかわからんじゃと?

こまったものじゃのう……。

もちっと、学校でいっしょうけんめいべんきょうをせんとな。

 

両班というのは、むかしのえらーい人のことじゃ。

そうじゃ。えらーい人じゃ。

 

うむ。で、このウォンテクという男じゃが、

それはそれは、たいへんな食いしんぼうじゃった。

朝はおてんとさまがのぼる前にめしを食い、

夜はおてんとさまがしずんでもめしを食う。

 

とにかくめしのために、生きているような男じゃった。

 

ウォンテクはなんでも、おいしい、おいしいと、よく食べたが、

その中でも1番のだいこうぶつが、祭祀(さいし)のごはんじゃった。

 

祭祀がなんだか、わかるか?

うむ。その顔じゃ、わかっておらんのじゃろうな。

 

ごせんぞさまがおるじゃろう。

なくなった、ごせんぞさまが、天国でやすらかにくらせるように、

ごはんをささげて、おいのりするのが祭祀じゃ。

 

わかるか? まあわからなくともよい。

ウォンテクはその祭祀のごはんが好きじゃった。

それだけ、きちんと頭に入れておきなさい。

 

 

一般家庭にて祭祀を行っているようす。

 

お正月や、おぼん、それにごせんぞさまのなくなった日。

これらは、ごせんぞさまのために、祭祀を行う日じゃ。

そして、おそなえしたごちそうは、後でみんなで分けて食べる。

 

今はごちそうが、たーくさんあるけれどもな。

むかしは、祭祀のごはんといえば、それはそれはごちそうじゃった。

ふだんは食べられない、めずらしいものがたくさんならぶ。

わしらが、こどものころも、よろこんで食べたものじゃ。

 

うん? どんなりょうりが食べられるかじゃと?

 

そうさな。まず魚がなければいかんな。

安東ではサメやサバ、スケトウダラなどの魚をつかう。

じゃが、これもほかの地方に行けば、タコだのエイだのにかわる。

地方ごと、家ごとで、それぞれじゃ。

 

そして、たっぷりのナムル。

ワラビ、モヤシ、ダイコン、ホウレンソウ、キキョウのねっこ。

このナムルは後で、ごはんといっしょにぐるぐるかきまぜて、

ビビンバにして食べるのじゃ。うまいぞ。

 

ああ、そうそう。

ひとつ、だいじなことを、教えてやろう。

祭祀のごはんには、トウガラシとニンニクをつかってはいかん。

 

トウガラシやニンニクを食べると、びょうきにならんというじゃろ。

びょうきのオニは、トウガラシとニンニクが、だいきらいなのじゃ。

 

ところが、われわれの、ごせんぞさまもだいきらいじゃ。

だから祭祀のごはんにトウガラシやニンニクを入れると、

ごせんぞさまは食べに来ることができん。

 

だからトウガラシとニンニクをつかってはいかん。

祭祀のごはんは、とくべつなりょうりだということじゃな。

 

あ、おほん。なんの話じゃったかの?

ああ、そうそう。ウォンテクの話じゃった。

ウォンテクは、その祭祀のごはんが、だいこうぶつじゃった。

 

だが、祭祀のごはんというのは、いつでも食べられるものではない。

そのころの両班というのは、たくさんの祭祀を行っていたが、

それでも、1年に20回くらいだったそうじゃ。

 

今は、そんなにたくさんやらんがの。

まあ、むかしとて、毎日祭祀のごはんが、食べられるわけではなかった。

 

じゃが、いえの蔵(くら)には祭祀につかう食べものがある。

つぎに祭祀をするために、ほぞんしてあるのじゃな。

 

ウォンテクはこの蔵にある食べものを見て考えた。

どうにかしてこれを食べるほうほうはないだろうか……。

 

そのころというのは、まだまだみんな、まずしいじだいじゃった。

いくらえらい両班とはいえ、村人のてまえ、ぜいたくなことはできなかった。

おいしいりょうりを作れば、そのにおいが村中に広がってしまう。

すると、村人たちは、ウォンテクのことを、わるくいうことじゃろう。

 

ウォンテクのやつめ。

自分たちが、はらをすかせているのに、

ひとりだけうまいものを食べてやがる。

ちくしょう。にくたらしいなあ。

 

そこでウォンテクは頭をひねって考えた。

思いついたのが、つぎのようなほうほうじゃった。

 

そうだ。祭祀のない日でも祭祀をしたことにすればいい。

祭祀をするのならば、ごちそうを作っても、だれもわるぐちはいわないはずだ。

両班であれば、祭祀はしなければいけないことだからな。

 

なにしろうちの家は、1年に20回いじょうも祭祀をしている。

まいつき2回や3回は、祭祀をしているから、

つぎの祭祀がいつだか、わからなくなってしまうくらいだ。

 

自分たちでもわからないのに、村人がそれをおぼえているわけがない。

祭祀のない日に祭祀をしても、それがニセの祭祀だときづくものはいないはずだ。

 

さてさて、こういうときに、食いしんぼうというのは頭がはたらくものじゃ。

さっそくウォンテクは、ニセの祭祀のじゅんびをはじめた。

ごちそうも、いつもどおり、たーっぷり作った。

 

そして、祭祀を行ったふりだけして、

後は思うぞんぶん、祭祀のごちそうを食べたということじゃ。

ウォンテクはさぞかし、まんぞくじゃったろうな。

 

この後、安東の両班たちの間では、

ウォンテクのほうほうをみならって、ニセの祭祀を行うものがふえた。

食べたいときに、ごちそうが食べられるからの。

 

ニセの祭祀ごはんは、だいりゅうこうし、

いつしか、安東のめいぶつとなっていったそうな。

 

今でも安東に行くと、このニセの祭祀ごはんが食べられる。

祭祀を行わない日に作った、ニセの祭祀ごはんということで、

ホッチェサパプ(虚祭祀飯)とよばれておる。

 

安東のホッチェサパプ。

それはそれは、うまいとのうわさじゃ。

安東に行くきかいがあれば、いちど食べてみるとよいかもしれんな。

 

さて、安東のむかしむかし話はこれでおしまいじゃ。

 

おやおや。話が長かったかの。

ぐっすりねむってしまいおって。

それじゃ、ゆっくり、おやすみ……。

 

<注意>

この物語はフィクションです。ホッチェサパプの起源に関してはいくつかの説があり、はっきりとしたことはわかっていません。そのいくつかの説のうち、面白いものを選んで物語にしました。文中に登場するユ・ウォンテクという人物も実在しません。

 

<用語について>

安東……慶尚北道の北部にある市。かつて両班や儒学者を多数排出したという由緒ある土地で、また古くからの伝統を今に残す町としても知られる。伝統的な祭りも多く開催されており、特に毎年10月に開かれるタルチュムと呼ばれる仮面舞の祭りは世界的にも有名である。近くには李朝時代からの建築物を多く残す河回村(ハフェマウル)や、朝鮮時代の儒学者である李退渓が後学を養成するために建てた陶山書院(トサンソウォン)などがある。

 

  

河回村。約600年前から柳氏一族が代々受け継いできた同族村である。

 

両班……高麗、李朝時代に官僚を出すことができた特権階級。もともとは国家の公的会合における2列の並び方に由来し、東班(文官)、西班(武官)を総称して呼んだ言葉。

 

祭祀……家庭内で行われるものと、墓地で行われるものに大別される。家庭内では、旧正月、秋夕(旧盆)などの名節や、亡くなった祖先の命日などに、一定の方式に則って準備した祭祀料理を用意して祖先の霊を慰める。現在では各家庭(祭祀は基本的に長男が行うため祭祀を行う必要のない家庭もある)で祭祀を行うが、昔は両班だけが祭祀を行うものであった。

 

<おまけ>

安東でホッチェサパプを食べてきました。6種類のナムルとごはんを混ぜ合わせ、ビビンバのようにして食べます。唐辛子は使えないので、醤油をかけて味をつけます。さっぱりとした薄味で、ナムルの風味をより豊かに味わえるという印象でした。おかずとして、塩サバの切り身、牛肉を焼いたもの、サメの切り身、干したスケトウダラが並び、また白身魚、コンブ、幼いかぼちゃ(エホバク)、豆腐という4種類のジョン(粉をつけて焼いたもの)がつきました。汁物はスケトウダラとサメの骨を使ってダシをとり、ダイコン、牛肉、そしてサメの皮を具として加えたもの。これまた塩と醤油だけで味付けた、淡白な味わいでした。

 

  

ホッチェサパプ。ナムルにごはんを入れ、かき混ぜて食べる。

  

(左)塩サバの切り身、サメの切り身、ジョンなどのおかず。

(中)ダイコン、牛肉、サメの皮を入れた汁物。

(右)安東シッケ。通常シッケとは米と麦芽を発酵させた甘い飲料を指すが、安東ではショウガ、唐辛子、刻んだダイコンなどを加えた独特のものを作る。

 

<おまけ2>

古くから唐辛子やニンニクは、病気を司る鬼神を追い払う力を持っているとされ、特に唐辛子はその鮮烈な赤い色と刺激的な辛さによって、鬼神を追い払う最高の食品と考えられてきました。これは陰陽五行の考え方に由来し、唐辛子の赤は陽を象徴し、鬼神の持つ陰の力とは相反するということです。鬼神の好物だとされる醤油の甕に唐辛子を浮かべ、また男児が生れたときには、後継ぎを鬼神から守るために唐辛子をはさみ込んだしめ縄を作って家の門に張りめぐらせました。この鬼神と祖先の霊は根源的に同一のものとされています。どちらも人間の死霊であり、李朝時代の文献には、人間が死んだ後、天に上ったものが神となり、地に下ったものが鬼神となると区別されています。祭祀を行うときに唐辛子やニンニクを使用しないのは、こうした考え方が元になっています。

 

<お知らせ>

ホッチェサパプの写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<八田氏の独り言>

安東むかしむかし物語その2もあります。

いつか気が向いたら書こうと思います。

 

コリアうめーや!!第48号

2003年3月1日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

戻る