コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第158号

 

 

<ごあいさつ>

10月になりました。

いよいよ今年も残りあと3ヶ月。

1年の終盤戦に入った気がします。

まだまだ夏気分でいたら、あっという間に冬が目前。

ここ数日こそ、ぐっと気温が下がりましたが、

9月いっぱいまるで夏のような陽気でしたもんね。

1年というのは本当に過ぎるのが速いです。

日々、バタバタ働いているようでもありますが、

1年という期間で考えると、果たして何を成せたかどうか。

2007年を悔いなく終えるためにも、

ラストスパートの心構えが必要になる時期です。

頑張らねば、頑張らねば、と思いつつ、

今号のメルマガではひとりで妙な頑張り方をした話。

夜中に黙々と、ある料理を作っておりました。

コリアうめーや!!第158号。

真夜中の台所にて、スタートです。

 

<深夜に格闘する手作りキムチマンドゥ!!>

小学校を卒業し、中学校にあがる春休み。

僕は親しい友人たちと千葉の九十九里に出かけた。

 

知り合いの家に泊めてもらい、ちょっとした旅気分。

海水浴の季節ではないが浜に出てワイワイ遊び、

夜はみんなで餃子を皮から作ってパーティをした。

 

餃子作りというのは適度な難易度がいい。

 

失敗してもせいぜい具がはみ出る程度だし、

味付けもさほど複雑でなく、適当でも美味しく食べられる。

具を手で混ぜ合わせる粘土遊び的な楽しさもあり、

皮で包むという、細かな技量を要する部分もある。

 

「何度やってもうまく包めない!」

「だからお前は具を入れすぎなんだよ!」

「オレはきれいにできたもんねー!」

 

などとワイワイ騒ぎながら作る楽しさがある。

市販の皮を使うなど、作業量の調節も融通が利く。

僕らも子ども心に大いに盛り上がって熱中し、

競うようにマイ餃子を作っていった。

 

事件が起こったのはそんな最中である。

 

ふと作業から離れて居間に移動した僕は、

見慣れない物体が床に落ちているのを発見した。

 

「こ、これはダブルバージョンのくし(櫛)?」

 

見た目はプラスチックのピンセット風。

緑色で、先端のほうがくし状のギザギザになっていた。

簡易的なくしをふたつつなげたようでもある。

 

何か珍しい発見をしたような気分になった僕は、

みんなのところに戻って意気揚揚と見せびらかす。

 

「見て見てー。なんかカッチョイイもの見つけたー!」

 

当時の僕はくりくりの坊主頭だったが、

いかにもキメている風に髪をとかしてみせた。

気分はビーバップ。気合の入ったリーゼントだ。

 

ピンセット状になった両方のギザギザを使い、

右から左から、交互に髪をとかしてゆく。

 

友人たちも餃子作りの手を止めて、

 

「なんかわからんけどカッチョイイのかも!?」

 

という表情で僕の浮かれ姿を見つめた。

一方、さっと青ざめたのは保護者役の大人たちである。

 

「や、やすし君。それは……」

 

僕がくしだと思ったのは、ハエ叩きの一部だった。

 

普段はハエ叩きの柄の部分にハメ込まれており、

ハエをビシッとやっつけた後に、それで死骸を拾うのだ。

ピンセット状なのは、ハエをつまみやすくするため。

 

僕はそんなこととはつゆ知らず、

あろうことか、くしがわりに使ってしまった。

 

「これ、使ったことないですよね!」

「うーん、たぶんあったと思うけど……」

 

祈るように尋ねた僕に、家主が冷たく答える。

僕はショックで固まるしかなかった。

 

その後、僕のあだ名はしっかり「ハエ」で固まり、

僕の作った餃子も「ハエ餃子」の汚名を着せられ嫌われた。

中学生になる直前の、つらく切ない心の傷である。

 

 

餃子作りは楽しい。そして手作りの餃子はやっぱり美味しい。

 

餃子の話を書こうと思って過去を振り返ったら、

ずいぶん昔の記憶にまで行き着いてしまった。

 

本来であれば韓国で初めて餃子を食べた話。

 

というのがよりふさわしい書き出しになるのだろうが、

あいにくそのハプニングについては本で書いてしまった。

僕が書いた初めての本、

 

『八田式「イキのいい韓国語あります。」』

 

の第2章にその話は掲載されている。

 

あの「わにゃわにゃわにゃ」事件をここで披露できたなら、

今回のメルマガも大爆笑、抱腹絶倒の傑作になったはず。

 

それがかなわず実に残念だ。

ああ残念だ。本当に残念だ。

 

あんなに面白い話はそうそうないのに。

 

と、ここまでもったいつけて書いておけば、

まだ読んでいない人が買ってくれるかもしれない。

 

もう4年前の本なのでたぶん書店にはないが、

アマゾンなどのネット書店なら購入可能。

 

先日、出版社の倉庫整理に引っ掛かってしまい、

一部が裁断処分になってしまったがまだ大丈夫だ。

絶版寸前だが、わずかに在庫が残っているようなので、

読みたい人がいたら、ぜひ早めに購入して欲しい。

 

えーと、なんの話だっけ。

 

妙な思い出話から宣伝へと話が迷走しているが、

今回のテーマは餃子。韓国語でマンドゥである。

 

もともと中華料理である餃子は日本でも親しまれているが、

韓国でもごく庶民的な料理として広く食べられている。

 

もっともよく見かけるのは屋台で食べるクンマンドゥ。

 

直訳すると「焼き餃子」になるのだが、

たいていは油たっぷりなので揚げ餃子風になる。

カリッとした歯触りのクリスピーな焼き餃子だ。

 

ほかにも蒸して作るチンマンドゥ(蒸し餃子)や、

茹でて作るムルマンドゥ(水餃子)ももちろんある。

 

あるいはマンドゥを具とした料理も多数。

 

スープの中にマンドゥを入れたマンドゥクク。

野菜や肉などとともに鍋仕立てにしたマンドゥジョンゴル。

韓国式の雑煮にマンドゥを加えたトンマンドゥクク。

 

スンドゥブチゲ(柔らかい豆腐のチゲ)のトッピングに、

マンドゥを入れて食べるなど、活躍の場は意外に広い。

存在は地味だが、いい仕事をする韓国料理界の2番打者だ。

 

 

 

屋台で売られるクンマンドゥ(左上)、チンマンドゥ(右上)、ムルマンドゥ(左下)、マンドゥを具にしたカルグクス(韓国式うどん)。

 

そんなマンドゥを、とある9月下旬の深夜。

 

僕は自宅のキッチンにこもってセコセコ作っていた。

キムチ入りのマンドゥ。いわゆるキムチマンドゥである。

締切が翌日の朝イチという、レシピを含む原稿仕事があった。

 

料理人ではないのでレシピを作るのは専門外だが、

それでも仕事によっては引き受けねばならないこともある。

プロの料理人ならばキャリアだけで書けるかもしれないが、

僕の場合は不安なので、出来るだけ作るようにしている。

 

材料を揃えて、作業に着手したのが深夜1時。

 

締切ギリギリになっているのは自業自得だが、

夜中に自分は何をしているのだろうと、思ったりもする。

ときおり遠い目をしながらも黙々と作業を続ける。

 

だが、作業が始まってしまえばなかなかに楽しい。

 

「ハエ餃子」の痛い過去も思い出してしまったが、

そんな切なさも次第に忘れて夢中になっていく。

 

餃子というのはなかなかにフトコロが深く、

いろいろな具を受け入れてしまう魅力がある。

僕が作るとしたら、ひき肉、白菜、ニラ、ニンニク。

 

そこに生のエビなどを刻んで入れるととても美味しい。

場合によっては納豆や梅干なんかも意外に合う。

 

韓国のマンドゥもさまざまな具を入れて作るが、

特徴的なのは豆腐や春雨がよく使われることだろう。

 

水気を切った豆腐をぐずぐずにつぶして入れ、

春雨のほうは茹でた後、細かく刻んで具とする。

相対的にひき肉の使用量が減っていくので、

仕上がりはさっぱりとしたヘルシー風味となる。

 

今回の仕事は、某韓国ドラマと関連しており、

中に入れる具も、そのドラマの内容に沿う形とした。

 

春雨は使用しなかったが、豆腐、モヤシ、タマネギが主役。

 

そこに刻んだ白菜キムチとひき肉を混ぜて皮に包む。

白菜キムチは発酵が進んで酸味の出たくらいがベスト。

味付けは醤油、塩、ゴマ油程度でシンプルにした。

 

この段階で少し茹でて味の調節を図る。

パソコンの前で作ったレシピは少し塩気が薄かった。

やはり実際に作ってみる作業は大事なのである。

 

 

 

自宅でキムチマンドゥを作っている様子。細かく刻んだキムチなどの具と水を切った豆腐を混ぜ、餃子の皮で包んで蒸す。

 

皮作りの工程は、紙面の関係からカット。

ただし韓国のマンドゥは包み方に特徴がある。

 

日本であれば半円に包んでヒダヒダを作るが、

韓国式は半円に包んだ端と端を、丸くくっつけて作る。

ちょうど皮で円を描くように包むという感じだ。

 

この作業を文章で伝えるのはちょっと難しいが、

仕上がりがコロンと丸い円形になるのがかわいい。

 

ヒダヒダ餃子の作り方に慣れていると難しいが、

しばらくやっているとコツも少しずつつかめてくる。

テンポよく、ひょいひょいと作っていると、

ほどなく、24個の餃子が手元に完成していた。

 

ヒダヒダ型が12個。コロン型が12個である。

 

後は蒸し器をひっぱり出してきて約10分蒸すだけ。

洗い物など、片付けをしながら待っていると、

プーッという蒸気とともに、自家製キムチマンドゥが完成した。

 

「さて……」

 

心持ち緊張しながら蒸し器のフタを開けると、

そこにはオレンジ色に輝くツヤツヤのキムチマンドゥ!

 

「いいじゃないの、いいじゃないの!」

 

と興奮しながら、即座に試食の準備をする。

湯気を立てるアツアツのキムチマンドゥをパクリ。

キムチ風味のジューシーな汁がピュッと飛び出る。

 

「あく、あふあふあふ、熱つつつ」

 

声にならないハフハフ声を出しながら、

予想以上のいい仕上がりに、興奮が頂点に。

作る前は不安交じりのレシピだったが、

実際に作ってみると、実にいい出来になっていた。

 

途中で、味の微調整を施したのが実に大きかった。

 

あまりに嬉しかったのでバクバク食べてしまった。

試食のつもりが、2個、3個、4個、5個。

缶ビールをプシュッと開けて、気分は祝勝会である。

 

「いやぁ、今日はいい仕事をしたなあ!」

 

ほろ酔い気分でレシピを修正し、気分よく就寝。

後は翌朝起きて最終チェックをし、編集者さんに送るだけだ。

 

いい仕事をしたときは、心地よい眠りがやってくる。

 

ゆっくりと熟睡し、ハッと起きたときにはもう昼。

締切である「朝イチ」をしっかりと過ぎていた。

 

「うひゃ、えらいことになった!」

 

オチまでしっかりついてメルマガネタに採用決定。

一石二鳥ともいえる、キムチマンドゥ作りとなった。

 

今日の標語「締切は守ろう!」。

 

 

 

予想以上にいい出来だったキムチマンドゥ。右下は余った具に粉と溶き卵をつけて焼いたトングランテン。

 

<お知らせ>

仕事が忙しくHPの更新ができません。

落ち着いたら、まとめて更新したいと思います。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<八田氏の独り言>

マンドゥ作りと同時に作業写真も撮影。

マイカメラが粉まみれになりました。

 

コリアうめーや!!第158号

2007年10月1日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ