コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第151号

 

 

<ごあいさつ>

6月15日になりました。

僕の住む東京もいよいよ梅雨入りしたそうです。

ここ最近は、真夏のような暑い日が続いたり、

かと思えば、突然スコールのような大雨が降ったり。

なんとも不安定な天気で少し心配ですが、

その一方で、もうすぐ夏が来るとのワクワク感もあります。

韓国でも夏の料理が目立ち始める時期ですね。

冷麺、パッピンス(カキ氷)などなど。

夏生まれの僕には、ぐっと気持ちが沸き立つ季節です。

さて、今号のメルマガですが、

6月初旬に行われた、あるイベントの話がテーマです。

暑い夏に負けないくらいの盛り上がり。

そのひとコマを切り取って紹介したいと思います。

第148号で紹介した、岐阜の方々も登場。

コリアうめーや!!第151号。

軽快な歌のリズムに乗って、スタートです。

 

<各務原キムチ鍋がB級グルメ王座に挑戦!!>

♪カ・カ・ミ・ガ・ハ・ラ!

♪カ・カ・ミ・ガ・ハ・ラ!

♪カ・カ・ミ・ガ・ハ・ラ・キムチ!

 

というフレーズ、メロディが頭から離れない。

 

何かの弾みで歌のワンフレーズが頭に流れ、

延々と同じ部分だけがエンドレスリピート。

そんな経験は誰しもが持つものではないかと思う。

 

ひどいときなどは曖昧なまま歌が流れ、

 

♪カ・カ・ミ・フ・フ・フ!

♪カ・カ・ミ・フ・フ・フ!

♪カ・カ・ミ・フ・フ・フ・フフフン!

 

と、途中から鼻歌になっていたりもする。

 

自分でも気持ち悪いことこの上ないのだが、

わざわざ調べるほどでもなく、結局は放置されるのが常。

いつかは時間の経過とともに消えていく。

 

ここしばらく僕の頭を悩ませているこの歌は、

岐阜県各務原市がプロデュースするご当地ソング。

「キムチの気持ち」の冒頭フレーズである。

 

ちなみに「各務原市」というのが実に読みにくいが、

「カクムハラ」ではなく「カカミガハラ」と読む。

歌の冒頭でこの都市名を連呼しているのは、

難しい読みを、耳から覚えてもらおうとのことだろう。

 

そして、最後にキムチ! がついているように、

各務原市は現在、キムチの町をアピールしている。

2004年に「キムチ日本一の都市研究会」を立ち上げ、

キムチによる都市(まち)おこしを始めたのだ。

 

また、各務原市は韓国の春川市と姉妹都市でもある。

 

春川市はドラマ『冬のソナタ』のロケ地として有名。

市内には「冬ソナロード」と呼ばれる並木道も作られ、

韓国ファンの間ではちょっとした話題の町になっている。

 

各務原キムチは、そんな日韓友好の象徴でもあるので、

春川市特産の松の実と、各務原市特産のニンジンを必ず使う。

白菜キムチが主流だが、大根、キュウリのほか、

菊芋やヤーコンといった土地の野菜を使うのも特徴的だ。

 

同様に各務原キムチを使った料理も多数開発。

 

キムチ焼きそば、キムチオムライス、キムチたこ焼き、

キムチラーメン、キムチドック、キムチいなり、などなど。

 

そして、各務原市が主催する各種のイベントでは、

各務原キムチをふんだんに入れたキムチ鍋がふるまわれる。

これを「各務原キムチ鍋」の名で、ご当地料理化を進めているのだ。

 

こうした努力は着実に実を結びつつあり、

最近は、大手企業も協力に乗り出している。

 

各務原市内に工場を持つカルビーは、

「ポテトチップス各務原キムチ味」を開発。

今年3月から、東海地区限定で販売を始めた。

 

キリンビールも各務原キムチとのコラボ広告を製作。

 

「各務原キムチにキリンビール!!」

「岐阜に感謝、岐阜に乾杯。」

 

というキャッチコピーのポスターを大量に作り、

市内の各地に貼ってPRに一役かっている。

 

そして、この6月。

 

各務原キムチは新たなアピールの場へと挑戦。

6月2日、3日と開催された「B−1グランプリ」に、

各務原キムチ鍋をひっさげて初参加を果たしたのだ。

 

「B−1グランプリ」のBは「B級グルメ」のB。

 

日本全国に散らばるご当地B級グルメが集結し、

その魅力を競い合うという、地域アピールも兼ねた祭典である。

 

昨年、青森県八戸市で第1回が開催され、10地域が参加。

今年は第1回に優勝した静岡県富士宮市に会場を移し、

前回を大きく上回る21地域が参加することになった。

 

「そいつは面白そうなイベントじゃないか!」

 

僕は第1回開催時からこの祭典を興味深く見ていたが、

さすがに青森県までは足が伸びず、観戦しにいくのを断念した。

 

だが、静岡県での開催となれば気分的にも近い。

しかも各務原市が、キムチ鍋で勝負するというのであれば、

韓国料理を愛する身としても、ぜひ応援しに行きたい。

 

ということで、6月2日の早朝。

僕は朝5時起きで富士宮市に向かった。

 

 

 

各務原キムチのテーマソング「キムチの気持ち」を歌うスタッフ(左上)と、各務原市内で販売されている「ポテトチップス各務原キムチ味」(右上)。「B−1グランプリ」は大盛況で、駅からの道のりは人でいっぱいだった。

 

東京駅から7時23分発「こだま563号」に乗り、

三島駅で東海道線、富士駅で身延線に乗り換え、富士宮駅下車。

会場に到着すると、すでに10時半近くになっており、

場内は大勢の人であふれかえっていた。

 

会場の入口に到着した僕は、

 

「な、なんだこれ……」

 

と絶句して、そのまま立ち尽くす。

 

会場内はおろか、会場の外まで猛烈に人だらけ。

入口のあたりにプラカードを持った人がいると思ったら、

それは行列の最後尾を示す案内係であった。

 

各地域ごとのブースはいずれも大人気で大行列。

会場内を蛇行しつつ、スペースを埋め尽くしている。

 

まずは各務原キムチ鍋から食べねばと思ったが、

歩くこともできないし、動くこともままならない。

 

しかも各務原キムチ鍋のブースは会場の最深部。

 

行列をかきわけながら、やっとの思いでたどり着くと、

そこに待っていたのは、またも行列であった。

 

ブースの中では多くの人が調理に没頭している。

巨大な鍋の前で、必死に作業をする人たちの中には、

第148号の岐阜講演時に紹介したT氏の顔もあった。

挨拶をしようとも思ったが、断念して行列に並ぶ。

 

「ここは何分くらい待ちそうですか?」

「うーん、15分くらいですかね」

 

各務原キムチ鍋の最後尾プレートを持った人が、

行列にひるんだらしき来場者に答えている。

 

僕はそれを横耳で聞きながら、

 

「15分待ちとは各務原キムチ鍋もやるじゃないか」

 

と密かに喜んでいたのだが、

すぐにその喜びは、マヌケな誤解とわかった。

 

その後に並んだ駒ヶ根のソースかつ丼は1時間半待ち。

高砂にくてん、浜松餃子、富良野オムカレーなど、

1時間以上待ちの料理がざらにあった。

 

場内では、どこの行列が速いという情報が飛び交っており、

それを耳にしている限りでは、

 

「各務原キムチ鍋はすぐ買える!」

 

という評判が大半を占めていた。

 

ただ、各務原キムチ鍋の名誉のために書いておくと、

行列の長さ、待ち時間は必ずしも人気だけに比例しない。

 

調理に時間のかかる料理はそのぶん待ち時間が増える。

鍋料理は大勢の客をさばくのに向いた料理であり、

そのぶん行列が短かったとも言えるのだ。

 

事実、各務原キムチ鍋は午後2時の時点で完売。

 

他の料理と比べても、いち早く予定量を売り上げた。

まずはと並んだ僕の判断も大正解だったのである。

 

 

 

会場内は終始大混雑。各務原キムチ鍋は早々に予定量を完売した。右上が1人前の各務原キムチ鍋。クリックで拡大可。 拡大

 

各務原キムチ鍋の値段は1杯200円。

 

値段は安いが、そのぶん量もほどほどに抑えてある。

それはどこのブースも同じで、たくさんの種類を食べたい、

という来場者のニーズに応えてそうなっているのだ。

 

だが、全体の量は少なくとも具は実に豪華。

 

まずは主役ともいうべき各務原キムチがたっぷり。

キムチ鍋に欠かせない豚バラ肉に、長ネギ、エノキ、豆腐。

嬉しいことにインスタントラーメンまで入っていた。

 

韓国にはプデチゲと呼ばれる辛い鍋料理があって、

ハムやソーセージ、インスタントラーメンを入れて作る。

洋風の食材が、韓国的な辛い味と不思議によく合う料理で、

そんなプデチゲ的アレンジを施しているのだった。

 

ちょうど暑い日だっただけに、ピリ辛の味付けは逆に爽快。

まわりの反応を見ても、ずいぶんと好評のようだった。

 

 

最終的に僕が食べた料理は全部で6品。

 

・各務原キムチ鍋(岐阜県各務原市)

・駒ヶ根ソースかつ丼(長野県駒ヶ根市)

・行田ゼリーフライ(埼玉県行田市)

・静岡おでん(静岡県静岡市)

・富士宮焼きそば(静岡県富士宮市)

・八戸せんべい汁(青森県八戸市)

 

ほかにもいろいろと食べたい料理はあったが、

行列に断念したり、早々に売り切れたり。

あるいは食べているうちに、おなかが膨れたりもした。

 

いずれも印象的な料理ばかりだったが、

個人的には、八戸せんべい汁がよかった。

 

豚汁風の料理に小麦粉で作ったせんべいが入っている。

「せんべいなのにアルデンテ」というキャッチコピーの通り、

すいとんにも似たもっちり感があって美味しい。

具だくさんで味噌仕立てのあっさりした汁物料理だ。

 

また、行田のゼリーフライも印象的だった。

長いこと、食べたいと思っていた念願の料理。

 

ゼリーフライといっても、ゼリーが入るのではなく、

銭型のフライ、銭フライがなまってゼリーフライになった。

おからとジャガイモを練って揚げたコロッケ風の料理で、

ソースにどぼんと浸して食べる、素朴なオヤツだ。

 

ご当地料理の富士宮焼きそばはモチモチの食感が美味。

魚粉をかけて食べる静岡オデンに、卵でとじないソースかつ丼。

いずれもご当地ならではの、珍しい味わいであった。

 

 

 

 

駒ヶ根ソースかつ丼(左上)、行田ゼリーフライ(右上)、静岡おでん(左中)、富士宮焼きそば(左中)、八戸せんべい汁(左下)、暑さにたまらずグビーっと飲んだ冷たいビールと白ウインナー(右下)。赤線で囲まれた写真はいずれもクリックで拡大可。  右上   

 

熱戦が繰り広げられた2日間は好評のままに終了。

最終的には来場者による投票で、グランプリが確定した。

 

優勝は前年に引き続き、富士宮焼きそばが獲得。

上位の順位は以下のようになった。

 

第1位:富士宮やきそば(静岡県富士宮市)

第2位:八戸せんべい汁(青森県八戸市)

第3位:静岡おでん(静岡県静岡市)

第4位:すその水ギョーザ(静岡県裾野市)

第5位:厚木シロコロ・ホルモン(神奈川県厚木市)

 

なお、期待された各務原キムチ鍋の最終順位は14位。

一時は8位にまで食い込んだそうだが、早々の売り切れが響いた。

初回にしては善戦した、という感じだろうか。

 

次回はまた来年、福岡県久留米市で開催予定。

 

各務原キムチ鍋は来年もチャレンジすることだろう。

福岡県は韓国とも近く、いくらか地の利があるかもしれない。

さらなる躍進を、期待したいと思う。

 

来年は福岡県久留米市。久留米市……。

んー、応援に行けるかなぁ……。

 

最後尾を知らせるプラカード。最初は係の人が掲げていたが、次第に最後尾の人が自ら持たされるようになった。自分よりも後ろに人が来ると、プラカードを渡して最後尾係になってもらう。

 

<お知らせ>

各務原キムチ鍋の写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<八田氏の独り言>

次回は新大久保を代表するB級グルメとして、

豚焼肉あたりにも出品して欲しいものです。

 

コリアうめーや!!第151号

2007年6月15日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ