コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第150号

 

 

<ごあいさつ>

6月になりました。

早いもので今年の前半最後の月です。

ぼちぼちと梅雨を迎えたら、やがて夏になり、

秋になって、冬が近づいたら1年終わり。

折り返し地点が間近なのを知って、

ちょっと焦ってしまう、そんな季節です。

そして、このコリアうめーや!!も折り返しの号。

ついに、第150号を迎えてしまいました。

長く続けていれば、いつかは来る到達点ですが、

やっぱりある種の感慨を覚えますね。

読者皆様に深く感謝したいと思います。

そして、今号は25号刻みでやっている記念号特集。

古い記憶をたどり、その思い出を語ります。

テーマとする「あの人」は韓国での最初の友人。

コリアうめーや!!第150号。

青かった日を懐かしむ、スタートです。

 

<あの日あの時あの人と……6>

美味しいものを食べた思い出がある。

あの日あの時あの人と、一緒に食べた味わい深い思い出がある。

 

2000年8月。僕は江陵(カンヌン)にいた。

気のあう友人5名と、海水浴に出かけたのであった。

江陵は韓国の東海岸にある海のきれいな町。

 

僕が初めて書いた本の表紙には、僕の写真が載っているが、

この写真は確か、江陵で撮影したものだと記憶している。

 

『八田式「イキのいい韓国語あります。」』

 

真っ赤な表紙に黄色いオビという目立つこの本には、

モノクロの僕が、なぜか上半身裸で写っている。

バックも僕で、こちらは戦隊ヒーロー風のポーズだ。

 

「いったいなんでこんな表紙にしたんですか?」

 

と聞かれることがよくあるのだが、

なんでといわれても、僕には答えようがない。

本の発売1ヶ月ほど前に出来上がった表紙を見せられ、

 

「いやー、よかったね。処女作でヌード披露!」

「これはもう間違いなくキミの本だよ!」

「画像ソフトで乳首消すのたいへんだったんだから!」

 

と、出版社の担当さんとデザイナーさんが、

表紙見本を前に広げながらゲラゲラと笑っていた。

 

僕もそれを見て笑うしかなかったという訳だが、

結果的にはインパクトのある表紙になったのでよかったのだろう。

留学時代に撮った写真はないかいわれて出したものだが、

まさかこう使われるとは思わなかった、というのが本音だ。

 

さらなる裏話を公開してしまうと、

 

「本当は八田くんを虫みたいに小さくするつもりだったんだよね」

「ページの下をチョロチョロ這わせて、プチッとつぶしたくなるように」

「より面倒だ、ということになって結局やめたけどさ。あはは」

 

という案もあった。

 

これだけ読むと、ひどい話だと思うかもしれないが、

結局、この案は次作の『ハングル練習帳』へと持ち越され、

欄外で踊る妙な著者コメントとなって大好評を博した。

 

『ハングルドリル』、『ハングルペラペラドリル』においても、

この欄外の著者写真は継承されており、ひとつの売りになっている。

思えば、処女作の頃から優秀な方々に囲まれていたものだ。

 

そう思ってみると、表紙のヌード写真もどこか誇らしい。

留学時代にアホな写真をたくさん撮っておいて本当によかった。

 

そんな思い出に浸りつつ、当時の写真を眺めてみると、

江陵での楽しかった思い出が、ぶわっと蘇ってきた。

暑い夏。青い空。ジリジリと泣くセミの声が降り注ぐ。

 

 

処女作でヌード公開。2作目以降では踊る著者写真がポイントとなった。

 

男女6人夏物語、というコピーが適当かどうか。

ともかくも男4人、女2人のパーティで僕らは出かけた。

宿にしたのは江陵のとある団地の一室である。

 

江陵に親戚がいる、という素晴らしいメンバーがおり、

しかも僕らが出かける期間は、都合よく旅行中とのことだった。

宿代が浮くことに狂喜した僕らは、遠慮なくそこを借りた。

 

日本の言い方でいえば2LDK。

僕らが6人で寝泊まりするには充分な広さだった。

 

「うわあ、けっこう広いねえ」

「そう? こないだがひどかっただけだよ」

 

快適さに驚く僕にウォンシギが言う。

24歳の彼は、僕と並んでパーティの最年長だった。

 

ウォンシギとは留学3日目に出会って友達になり、

同い年であることから、気が合ってあちこちで遊んだ。

先にあげた僕の処女作にも彼の名前は登場している。

 

そしてそのこないだとは、その前月に出かけた旅行のこと。

旅行そのものは楽しかったのだが、とにかく宿が最悪だった。

宿の客引きに見事だまされ、6畳一間に7人が雑魚寝。

僕らは男女かまわず、片付け終えた積み木のようにして眠った。

 

その狭さたるや、酔ったウォンシギが夜中にコンタクト落とし、

翌朝みんなで探したらすぐみつかった、というくらいである。

 

そこに比べれば今回は天国。

 

また泳ぎに出ても、江陵は海が素晴らしい。

前回は西海岸の工業地域沿いで、灰色ないし茶色の海だった。

江陵の美しい海は、僕らを素直に感動させた。

 

唯一の難点をいえば、江陵は海がいきなり深く、

10メートルも行けば足がつかなくなるところだろう。

他の海水浴客が、妙に近いところに固まっていて不思議だったが、

安全に泳げる範囲というのが、えらく狭いのであった。

 

遊泳禁止区域を示すブイまで20メートルほどしかない。

 

結果、浜から20メートルの間に海水浴客が殺到し、

はるかむこうの浜まで、見事なまでのイモ洗いとなっていた。

白い砂浜とブルーの海に挟まれた部分が、

黒く縁取りされたかのように人で埋っている。

 

まるでエストニアの国旗を見るようだった。

 

 

 

江陵の海は美しい。右下の1枚だけ渓谷での写真。

 

韓国の海水浴といっても、特に変わったことはない。

 

ばしゃばしゃ水をかけあったり、浮き輪をひっくり返したり、

ブイまでどちらが早く着けるか競争したり、潜水ごっこをしたり。

浜にあがっても、人を砂に埋めたり、砂で城を作ったり、

ビーチボールがあればそれで遊んだりと特に珍しいことはない。

 

せいぜい小腹が空いて買いに走るオヤツが、

海の家のヤキソバでなく辛ラーメンというくらいだ。

 

真っ赤な辛ラーメンを、汗ダラダラで食べていると、

どこからかウォンシギがポンデギを買って来た。

 

こういう地方に来て露店がいくつか並んでいると、

どこかひとつくらい必ずポンデギを煮ているところがある。

ポンデギとは蚕のさなぎを鍋で煮たもので、見た目は虫そのもの。

巨大ダンゴムシが死屍累々といった感じだ。

 

ウォンシギは紙コップに入ったポンデギを食べながら、

それを見て固まった僕にいう。

 

「お前ポンデギ食ったことある?」

「ない。それは食べ物ではない。虫だ」

「健康にいいんだぞ。子供のオヤツだ」

「いらん」

 

「カルシウムも豊富なんだぞ」

「いらん」

「韓国料理研究家がそんなことでいいのか?」

「……」

 

ウォンシギはポンデギを爪楊枝に刺して僕によこした。

そしてそこからはもう書きたくないのだ。

 

 

忌まわしきポンデギ。

 

ポンデギで気絶した僕を正気に戻したのは、

ほっぺたに当てられた、ヒヤリとした何かだった。

 

「じゃあ、こっちを食べなよ」

 

と、他のメンバーが持ってきたのはパッピンス。

パッピンスとは、アズキを入れたカキ氷のことだ。

 

飲食店はフルーツや餅などを入れて豪華に作るが、

こういう野外ではカップに入ったパッピンスが美味しい。

アイスなどとともに駄菓子屋やスーパーで売ってパッピンス。

当時の値段で500ウォン(約50円)と安いのもいい。

 

「これに牛乳を入れて食べると美味しいよ」

 

見ると友人は1リットルの牛乳パックを抱えている。

これをカップパッピンスに注ぎいれて、

氷アズキミルクにして食べようというのだ。

 

「普通の牛乳よりバナナ牛乳のほうが美味しいけどね」

 

友人はそう言いつつ、牛乳をソロソロと注ぎ、

当然のようにたっぷり余った残りをウォンシギに投げた。

 

「オッパ、牛乳余った。飲んで」

 

ウォンシギは腰に手を当てて、それをぐーっと飲み干した。

 

 

5人前はゆうにある巨大パッピンス(左)と、カップパッピンス&バナナ牛乳という黄金の組み合わせ(右)。

 

夜は韓国での旅行恒例、ゲーム混じりの宴会である。

酒を飲みつつレクリエーションゲームを行い、

負けた人は、罰ゲームとして目の前の酒を一気飲みする。

アホな飲み方だが、旅行の夜はこれが楽しかった。

 

「ようし、ゲームをするぞ!」

 

とリーダーシップを発揮するウォンシギに対し、

 

「不公平だからハンデをつけよう」

 

という声が女性陣からあがった。

酒の強い弱いが、ゲームの勝ち負けに影響する。

何しろ飲めば飲むほど、酔って負けるのがこの手のゲームだ。

また負ければ負けるほど飲むので、ますます負ける。

 

「2人は一番年上なんだからまず3杯ずつ飲みなさい」

 

という女性陣の主張はある意味正しい。

 

だが、それを飲んでしまうと、命取りなのだ。

ここでの一気とは韓国焼酎のストレートで、予想以上にキク。

しっかりと断るべき場面ではあったが、

 

「おお、飲んでやらあ」

 

と2人で一気飲みしてしまったのが運のツキ。

24歳の新米オッパはこういう場面で馬脚をあらわす。

 

その3杯でいきなり酔った僕とウォンシギは、

ゲームをやればやるほど負けるという屈辱の泥酔。

その上、熱くなって止めようとしないのでますます負けた。

気がつけば記憶が飛んで、いきなり翌朝だった。

 

青ざめたのは2日酔いの朝ではなく後日。

旅行の写真が出来上がってきてだった。

 

海で楽しく泳いだ写真や、本の表紙に使った写真。

思い出に残るたくさんの写真が折り重なる中で、

あろうことか、飲み会時の写真も多数撮影されていた。

 

当然のごとく、僕らの記憶にはない写真ばかり。

 

「これが特に傑作だよね!」

 

と渡された写真には、

なんと僕とウォンシギのキスシーンが写されていた。

ふたりとも酔って首まで真っ赤である。

 

僕とウォンシギは果てしなく落ち込み、

2度と同じ過ちは繰り返すまいと静かに誓い合った。

 

 

痴態写真(目線入りで勘弁)。

 

<お知らせ>

江陵での屈辱写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<八田氏の独り言>

夏の海はとにかく青かった。

そして僕らも青かった。

 

コリアうめーや!!第150号

2007年6月1日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ