コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第119号

 

 

<ごあいさつ>

2月15日になりました。

忌まわしのバレンタインデーが過ぎ去り、

平穏無事な2月が戻ってきました。

え、チョコレートですか?

ええ、もらえませんでしたとも。

当然3月14日にもまるで用がないので、

後は4月14日のブラックデーを待つだけです。

ブラックデーは韓国ならではのイベントデー。

チョコにまるで無縁だった寂しい男女が、

ブラックな気分でブラックな料理を食べる日です。

韓国でブラックな料理といえば、

黒味噌をどろっとかけたジャージャー麺。

衣装もできるだけ黒いもので揃え、

食後はもちろんブラックコーヒーです。

ホームページでブラックデーの集いを呼びかけたら、

かなりの応募があったのでほっとしました。

4月まで毒を吐きながら強く生きようと思います。

コリアうめーや!!第119号。

何かを振り払うように、スタートです。

 

<2月はキンパプの月なのです!!>

突然だが2月はキンパプの月である。

 

キンパプとは韓国式の海苔巻きのこと。

日本の海苔巻きともよく似ているが、

味付けや、中に入る具は日本のものとだいぶ違う。

 

まず大きく違うのはごはんである。

 

日本の海苔巻きには酢飯を使用するが、

韓国では酢を使わず、ゴマ油と塩で味付ける。

海苔を巻いた外側にもしっかりペタペタと塗る。

かぐわしくも香ばしい風味が特徴だ。

 

中に入る具も日本とはずいぶん違う。

 

細巻きはなく、基本的に太巻きだけを作るのだが、

具の数がはるかに多く、また個性的だ。

 

日本と共通する具は卵焼き、キュウリ、たくあんくらい。

 

アナゴ、カンピョウ、でんぶなどは入らず、

かわりにハム、ツナ、チーズといった洋風食材が入ったりする。

定番どころではホウレンソウのナムル、炒めたニンジン、

キムチ、牛肉、カニカマボコ、エゴマの葉などが入る。

 

具の選択は自由だが、具だくさんに作るほうが美味しい。

最低でも6、7種類。多ければ10種類以上を豪快に巻く。

 

なにしろ韓国料理の味付けは「複合」こそが美学。

 

個々の素材を活かした味付けよりも、

ビビンバ的に混ざり合った味がよしとされる。

キンパプもこの思想に基づいて作られる。

 

 

 

正しいキンパプ。韓国では街中にキンパプの専門店がたくさんあり、テイクアウトもできる。朝食や簡単なおやつなどに便利。

 

そのキンパプを2月に食べる。

 

これは特に韓国でそう決まっているわけではなく、

僕が勝手に考えた決まりごととしてそうなっている。

 

季節うんぬんを問うなら、むしろ春から初夏だろう。

 

遠足などのお出かけのお弁当として活躍する料理なので、

ポカポカと暖かくなった5月あたりが旬と言える。

とはいえ季節を問わず、外で食べればいつでも美味しい。

料理そのものとしてはオールシーズンものだ。

 

ではなぜ2月にキンパプを食べるのか。

 

ひとつは節分に恵方巻きを食べるという日本の風習から。

 

関西では馴染み深い風習だとのことだが、

僕の住む東京あたりでは、ここ数年の間で急速に広まった。

どのみち馴染みのない風習なので、

好き勝手にアレンジしてみるのも楽しかろう。

 

という解釈から、今年の2月3日には、

韓国式にキンパプを丸かぶりするイベントを開催した。

 

「韓国好きはキンパプを恵方巻きにするのだ!」

 

という、よくわからない身勝手な理屈をこしらえ、

恵方を向いて願い事をしながらキンパプを食べた。

ご利益があるのかどうかはわからないが、

これはこれとして楽しかったのでよしとしたい。

 

もうひとつの理由は、2月に友人の誕生日があるから。

 

留学時代から親しくしているヌナ(姉さん)の誕生日で、

彼女は僕の誕生日に、いつも韓国式のおこわを作ってくれる。

韓国ではお祝いごとのときに作る料理で、これがめっぽう美味しい。

そのお返しとして去年からキンパプを作っている。

 

ごはん料理のお返しにごはん料理。

 

脊髄反射にも似た、あきれるほどの短絡的思考だが、

これもこれとして楽しいのでよしとしている。

 

人が喜ぶから贈るというのではなく、

自分が楽しいから贈る、という本末転倒のプレゼント。

ワガママ極まりない話だが、

長い付き合いなので理解してもらっている(と思う)。

 

去年はただのキンパプでは芸がないということで、

キンパプに名前を彫り込めないかと工夫してみた。

 

しばらく悩んで思いついたのが2色ごはんの組み合わせ。

 

ゴマ油と塩で味付けた白いキンパプ用ごはんと、

オレンジ色のキムチチャーハンという2種類を用意。

海苔で上手に境界線を作り、白地にオレンジの文字を作った。

 

ひらがなでは難しいのでハングルを使用。

 

画数の多い文字はやや微妙な出来具合であったが、

まあ読めないこともない、という文字キンパプが完成した。

金太郎飴のように、どこから切っても名前が出てくるという、

世界に2つとないキンパプを作って贈った。

 

 

(左)去年作った文字キンパプ。ハングルで「미희」と書いてある。

(右)今年開催した恵方キンパプの様子。恵方に願い事を込めながら、無言でキンパプを丸かぶりする。

 

今年はその手作りキンパプ第2弾。

 

前代未聞の「カニキンパプ」を作ってみた。

地方の祝い寿司などでよくあるアレである。

中の具を巧みに配置し、カニの絵を浮かび上がらせる。

 

カニをモチーフにした韓国式の飾り寿司を作ろうということだ。

 

ちなみにカニキンパプを作ることにしたのは、

前回、文字キンパプを作ったときの反省から。

 

色違いのごはんで文字を書くアイデアはよかったが、

イメージが先行しすぎて、技術が伴わない部分があった。

 

飾り巻きを作るには、それなりの経験が必要。

 

自己流で作ることに限界を感じたので、

今回はきちんとしたレシピを探すことにした。

日本式の巻き寿司でも、具をアレンジすればキンパプになる。

 

見つけたのは「寿司ネット」というサイト。

そこにカニの巻き寿司が紹介されていた。

 

季節的にも梅の花あたりを作りたいところだったが、

その作り方は書かれておらず、あったのはカニだけだった。

 

誕生日にカニ。キンパプでカニ。

 

そこに必然性はないが、かわいらしさはある。

何故カニなのか、という疑問は胸の中にぐっと閉じ込め、

カニキンパプ作りに取り掛かった。

 

 

カニキンパプを作るにあたり選んだ具は6種類。

キンパプとしては少なめだが、図柄の関係上多くもできない。

 

卵焼き、ハム、ツナ、スライスチーズ、キュウリ、エゴマの葉。

 

キンパプらしさを表現する、必要最小限のメンバーを揃えた。

本来ならばここに、たくあんあたりも入れたいところだが、

無理をしてカニのイメージを壊しては元も子もない。

 

これらの具とパーツの組み合わせは以下の通り。

 

・ハム → 目

・卵焼き → 胴体

・キュウリ → ハサミ

・その他 → 足

 

ハムはキンパプ用の細長いものを、さらに細くして2本使用。

卵焼きは両脇を切り落として、細長い直方体にする。

キュウリはタテ方向に4分の1カットで、これも2本使用。

V字の切り込みを入れて、断面がハサミ型になるようにする。

 

下ごしらえのひとつひとつが完成形に影響するので、

いつになく細かく丁寧に作業を進めていった。

 

 

カニキンパプ用の材料。キュウリはV字にカットする。

 

文章で作り方を解説するのは難しいが、

イメージを伝えるためにも、少しずつ書いていくことにする。

 

下ごしらえが終わったら、まずは足部分から作る。

 

使用するのはツナ、スライスチーズ、エゴマの葉の3種類。

これらの薄い食材を、海苔ではさんで足にするのだ。

 

2分の1に切った海苔の、タテ半分に薄く具を敷き、

パタンと畳んで細長い「海苔の板」を作る。

 

3種類の具で同じことをし、3つの板が出来たらこれを重ねる。

間にごはんを敷き詰め、海苔、ごはん、海苔、ごはんの順でドッキング。

細長い層状のものが出来たら、これを包丁でタテに切る。

 

横から見ると、全部で6本の足が出来たことになる。

 

これにキュウリのハサミを2本足して足は8本。

カニは10本足が正式だが、レシピの段階ですでに8本だった。

10本まで作ってしまうとうまく収まらないのかもしれない。

あるいはタラバガニだと思えば8本で正しい。

 

胴体は断面を真四角にした卵焼きを海苔で巻いて使う。

 

この胴体の両脇に、6本の足と2本のハサミを配置し、

上に目玉のハムを乗せると、全体の形が出来上がる。

 

間にはバランスがとれるよう上手にごはんを埋め込み、

最後に大きな海苔で全体をぐるっと巻いて完成だ。

 

 

(1)2分の1に切った海苔のタテ半分に具を敷きパタンと畳む(チーズ、ツナ、エゴマの葉の3種類を作る)。

 

(2)海苔の上にごはんを敷き、海苔とごはんを交互に重ねていく。

 

(3)タテ半分に切る。中は3層になっている。

 

(4)卵焼きは海苔で包んでおく。海苔(1枚と2分の1)にごはんを敷き詰め、中央にごはんで3つの盛り上がりを作る。

 

(5)真ん中のくぼみに海苔を巻いたハムを埋め込み、両脇にキュウリを置く。中央に卵焼きを置き、その脇に(3)で作った足を並べる。

 

(6)上部にごはんを敷き詰め、全体をぐるっと巻いたら出来上がり。

 

こうして書いてみると簡単なことなのだが、

実際に作ってみると、難しいことだらけであった。

しかも中を欲張りすぎたのか、やけに太いキンパプになった。

 

微妙にごはんの量が多かったのかもしれない。

無骨なまでに大きなキンパプを見て、少々不安になる。

 

「うーん、中はきちんとカニになっているだろうか……」

 

切ってみなければ成否はわからないので、

期待と不安を混じらせながら、包丁を入れてみる。

 

ザシュッ、ザシュッ、ザシュッ……。

 

中の具とごはんを包丁が静かに切り裂いていく。

 

そして、緊張の一瞬。

 

固唾を飲んで、真ん中から切り口を開いてみると、

色鮮やかな図柄がひょこんと顔を出した。

 

「カニ…………カ、カニ???」

 

思わず断面にぐぐっと顔を寄せる。

 

これが目。これが足。ハサミが少々ずれたようだ。

カニに見えなくもないが、胸を張ってカニとも言いがたい。

全体的にどこかへにゃっとゆがんだ感じ。

 

「むう、これはカニでよいのだろうか……」

 

自分の作ったカニをしばし呆然と眺める。

最初にイメージした状態とは、若干のズレがある。

 

しばらく眺めていて、何かに似ていると気付いた。

何だろう。ずいぶん昔に、見た記憶があるような……。

えーと、えーと、えーと……。

 

「カニ、カニ、カニ…………あ、インベーダー!?」

 

インベーダー、インベーダー!

懐かしのゲームキャラにどこか似ている。

 

大発見だ。カニはデッサンが狂うとインベーダーになる!

 

驚愕の事実を発見し、一瞬大喜びしたが、

よく考えてみると、まったく喜んでいる場合ではない。

 

せっかくの誕生日プレゼントがこんなことでよいのか。

 

実に悩ましいが、出来てしまったものは仕方がない。

強引に言い張ればカニに見えないこともないはず。

結局カニキンパプとしてそのままプレゼントした。

 

ヌナ(姉さん)には喜んでもらったが、

それはこれまでの長い付き合いと、

 

「こいつ仕方ねえなあ」

 

という諦めにも似た優しさがあったのだと思う。

インベーダーに似たカニキンパプは、

誕生日祝いの席で、みんなの胃袋にしっかり消えていった。

 

 

 

切ったらどことなくインベーダーのようなカニが現れた。見ようによってはバルタン星人にも見えそう。右下の写真はクリックで拡大可。 拡大

 

2月は年に1度キンパプと真剣に向き合う月。

 

付き合わされる人たちにしてみれば災難なことだが、

僕はこれからも、まだまだキンパプを作るつもりである。

 

文字キンパプ、カニキンパプと続いて来年はどうしよう。

 

もうちょっと修行してまともなキンパプを作りたい。

調べてみたら、飾り巻きのレシピをまとめた本もあるようだ。

それを購入して1年間コツコツと特訓をしようか。

 

ああ、今から来年の2月が待ち遠しい。

 

<お知らせ>

カニキンパプの写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<お知らせ2>

今年から新たにブログを始めました。

日々食べている韓国料理の記録を残しています。

http://koriume.blog43.fc2.com/

 

<八田氏の独り言>

待ち遠しいと言いつつ2月はあと半月あります。

別の挑戦が出来ないか、ひそかに思案中です。

 

コリアうめーや!!第119号

2006年2月15日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ