コリアうめーや!!メルマガバックナンバー

コリアうめーや!!第100号

 

 

<ごあいさつ>

5月になりました。

新緑と陽光がまぶしい季節です。

いよいよゴールデンウィークにも突入し、

エネルギッシュに遊ぶ日々がやってきます。

山へ、海へ、川へ、田舎へ、海外へ……。

というごあいさつを、第98号で書きました。

あのときはエイプリルフールのネタでしたが、

1ヶ月たって本当に連休へと突入。

みなさんあちこちで羽を伸ばしていることでしょう。

そんな中、コリアうめーや!!はちょっとめでたい記念号。

2001年3月の創刊から4年ちょっとの歳月を経て、

ついに100号の大台を達成です。

いやあ、続けば続くものですねえ。

これもひとえに読者皆様のご愛顧のおかげ。

深く、深く感謝いたしております。

今号はその100号を記念いたしまして、

25号、50号、75号と節目ごとに書いてきた、

あの企画をもう1度やってみようと思います。

思い出に残る「あの人」をテーマに、

ガラにもなくちょっとしんみり語ります。

時計の針をキリキリと巻き戻し、

コリアうめーや!!第100号。

次なる大台を目指して、スタートです。

 

<あの日あの時あの人と……4>

美味しいものを食べた思い出がある。

あの日あの時あの人と、一緒に食べた味わい深い思い出がある。

 

韓国でもっともうまい酒は何かと尋ねられたとき、

僕は校洞法酒(キョドンポプチュ)の名をあげることにしている。

韓国の南東部、慶州(キョンジュ)市で作られる伝統酒のひとつ。

重要無形文化財にも指定されている由緒ある酒だ。

 

この校洞法酒の魅力は、味そのものもさることながら、

蔵元まで行かないと購入できないという希少性も大きい。

 

手造りにこだわって、機械化すらしていない。

当然、販売される酒も数が限られており1日に16本が限度。

蔵元の人が「台所で造る酒」と表現するのがよくわかる。

 

また、校洞法酒は賞味期限が極端に短い。

 

蔵元での直売しかやらないのはそのためで、

ラベルには15日以内に飲むことと書かれている。

大量購入はおろか、買ったものを保存しておくこともできない。

 

結果として、流通ベースに乗ることもないので、

校洞法酒はしばしば幻の酒と表現される。

 

僕がこの校洞法酒の存在を知ったのはテレビ番組でだった。

 

確かNHK−BSのドキュメンタリーだったと思う。

タレントのユンソナが鉄道に乗って、韓国の地方を旅していく。

その番組の中に伝統酒の蔵元を訪ねるシーンがあった。

 

ただ、このときの印象は、酒そのものよりも、

蔵元のハルモニ(おばあちゃん)のほうがはるかに強かった。

 

技能保有者に指定されている「永信(ペヨンシン)ハルモニ。

ちなみに技能保有者とは、日本の人間国宝に相当する。

 

にもかかわらず実に気さくな感じで、

終始ニコニコとした笑顔で、じゃれあうように談笑していた。

テレビの画面からあたたかい人柄がにじみ出ているようで、

 

「へー、いつかこの蔵元に行ってみたいな」

 

と、そのときに思った。

 

  

(左)慶州市内にはいたるところに新羅時代の古墳がある。

(中)市内の中心部にある慶州駅

(右)瞻星台(チョムソンデ)。新羅時代の天文台で国宝に指定されている。

 

それが実現したのは2002年の秋だった。

 

ふとしたことから、慶州の特集記事を書く仕事を頼まれ、

史跡や名所を回るとともに、校洞法酒の蔵元も訪れることになった。

もとより酒好きの身。蔵元の取材は大歓迎である。

 

これは仕事と称して堂々とタダ酒が飲めるな。

そう喜ぶと同時に、テレビで見たハルモニの笑顔が頭に浮かんだ。

 

「そうか。あの蔵元なら楽しい取材になりそうだ」

 

僕はウキウキした気持ちで取材申し込みの電話を入れた。

 

 

取材当日、指定された時間に行くと古い家屋の縁側に案内された。

と、同時に、取材は短めに済ませるよう注意を受ける。

 

「ハルモニは最近体調がすぐれないので……」

 

案内してくれたご子息の奥さんが僕に言う。

無理もない。僕が訪れた時点でハルモニはすでに86歳の高齢だ。

 

「では、要点を絞って質問させて頂きます」

 

僕はそう答え、最低限聞いておくべきことを考えた。

メモ帳に必要事項を箇条書きにし、特に重要と思われるいくつかには、

アンダーラインをひいて目立たせるようにもしておいた。

 

ところが、この準備がまるで無駄に終わる。

 

ハルモニは僕が日本人であることを名乗るや、

流暢な日本語で語り始め、その話はなんと延々2時間続いたのだ。

短めどころか、まとめるのが困難なくらいに盛りだくさん。

 

話の内容は校洞法酒にまつわることに留まらず、

家のことや、先祖のこと、家訓に至るまで多岐に渡った。

 

途中からは質問するどころか、メモをするので精一杯だった。

 

しかもこの間、僕は慣れない正座をしていたのでさらに大変である。

 

気さくな人柄とはいえ、こちらは取材をさせてもらう立場。

失礼があってはならないので、びしっとした態度を心がけていた。

 

だが、その気概が足のしびれとともに、もろくも崩れ去っていく。

 

そもそも八田家はまったく正座にこだわらない一家である。

法事のような改まった席でも、遠い親戚にあたる寺の住職から、

 

「あ、足は遠慮なく崩してくださいね」

 

というありがたい一言を頂くのが常である。

あぐらだったり、横すわりだったりしながらお経を聞き、

 

「ご一同様合掌」

 

という合図にも、一同あぐらで数珠を握りしめる。

 

「なまんだぶ、なまんだぶ、なまんだぶ、ご一同様礼拝」

 

の合図には、あぐらのままペコリと頭を下げる。

合理的な家系であり、不必要に無理をしない家柄だ。

最初は正座でも、先方の好意には一族揃って甘えるようにしている。

 

ハルモニの前でも最初は正座だったが、ある程度で足は崩そうと思っていた。

 

そもそも韓国には目上の人の前で正座をする習慣がない。

日本式の礼儀なので、足は崩しても失礼にはあたらないのだ。

 

ただ、僕にとって予想外だったのは日本語ペラペラのハルモニが、

日本式の礼儀にも精通しており、僕の正座を好意的に見てくれたことだった。

 

「足を崩さないのは偉いわね」

 

とまで言われてしまっては足を崩すわけにもいかない。

 

「ええ、もちろんです!」

 

と、引きつった笑顔で答え、僕は2時間をひたすら耐えに耐えた。

 

僕の下半身はパンパンに腫れた2本の電気ウナギとなり、

最後はハルモニの話を聞きながらそのまま気絶しそうだった。

 

本来の取材という目的からすれば間抜けなだけの話だが、

振り返ってみると、それがよかったのではないかと思う。

 

折り目正しい日本の若者。

 

という印象を与えられたのかはわからないが、

ハルモニの話は僕の足がしびれるのと正比例するがごとく、

熱を帯び、細かく丁寧になっていった。

 

その後、蔵元のあちこちを見学させてもらい、

最後に校洞法酒を味見させてもらって、その日の取材を終えた。

 

  

慶州市内にある校洞法酒の蔵元。左の写真はハルモニと撮影(20031月)。

 

後日、僕は記事を書き上げ、再び慶州の町を訪れた。

 

校洞法酒の蔵元に立ち寄り、出来上がった記事をハルモニに手渡す。

こんな記事になりました、という簡単な報告のつもりだったが、

ハルモニは眼鏡を取り出してきて、その場で1行1行じっくり読み始めた。

 

僕自身、気持ちを込めて精一杯書いた記事である。

 

読んでもらえるのは嬉しいが、その場でというのはやはり居心地が悪い。

ハルモニが記事を読む間は、正座の2時間よりも長く思えた。

 

記事を読み終えて、ハルモニが顔をあげる。

 

「私の話した通りに書かれています。とても気に入りました」

 

ハルモニはそう言って、にこっと笑った。

一気に解ける緊張。肺の底からあがってくる安堵のため息。

 

「ありがとうございました」

 

僕は手をついて、深々と頭を下げた。

いい勉強をさせてもらった。心からそう思った。

 

 

取材のときはグラス1杯を味見しただけだったので、

この日はきちんと1本購入して日本まで持ち帰った。

 

味見のときも、校洞法酒は充分衝撃的だったが、

自宅でゆっくり飲むと、その素晴らしさはまた格別であった。

 

黄金色に輝く液体は注いだだけでわかるほど濃く、

グラスの壁面をつたいながら、糸を引いて流れるようだった。

短い命の生酒でありながら、熟れた感じを持つ不思議な酒。

 

グラスを顔に近づけてみると、ふわっと甘い香りが漂う。

 

口をつけると、とろりとした舌触りとともに、

のってりとした甘さが舌先を撫でるようにすべり落ちていった。

 

その瞬間の感動を表現するのは難しい。

 

あえて例えるなら、空想上の筆を溶かした純金に浸し、

口から食道、胃をめがけて、ピッと1本線を引っぱった感じ。

 

液体の通った部分が、そのまま輝くかのような味だった。

 

この味に匹敵する酒を他に探すとなると、

日本酒でも、ワインでも相当な苦労をしなければならないだろう。

校洞法酒は韓国が全世界に誇れる酒だと思う。

 

そして、全世界が評価するべき酒だとも思う。

 

  

校洞法酒。紙箱に入ったものと、桐箱に入ったものの2種類が販売されている(中身は同じ)。右の写真はクリックで拡大可。 拡大

 

コリアうめーや!!はこれで100号。

 

校洞法酒の取材に出た頃はまだ40号あたりだったが、

その頃から、「100号は校洞法酒の話を書こう」と決めていた。

 

いつかは校洞法酒のように輝く話を書きたい。

 

と、目標に掲げた数字だったが、

100号という数字も過ぎてみればあっという間である。

 

創刊から4年ちょっと。

韓国料理の話をひとつひとつ積み重ねてきたが、

まだまだ校洞法酒の域には遠く及ばないようだ。

 

韓国には美味しいものがたくさんある。

その美味しいものひとつひとつに感動がある。

その感動を少しでも多く伝えられるよう、

次の101号から、また頑張っていこうと思う。

 

いつかは校洞法酒のように輝く話を書きたい……。

 

  

  

いろいろな伝統酒。左上から右下に安東焼酎、梨薑酒、百日酒、慶州法酒、テナムトンチュ、覆盆子酒、百歳酒、サンサチュン。

 

<おまけ>

韓国で文化財指定を受けている伝統酒は全部で3つあります。ツツジの花を漬け込んだ杜鵑酒(トゥギョンジュ)、梨の香りがするムンベ酒、そして校洞法酒です。そのほか安東焼酎(アンドンソジュ)、梨薑酒(イガンジュ)、など名の知れた地方の銘酒はたくさんあるので、好きな方はぜひ探してみてください。保存のきくお酒はソウルのデパートなどでも購入することができます。また校洞法酒は現地でないと購入できませんが、慶州に地盤を持つ酒造メーカーが慶州法酒(キョンジュポプチュ)という酒を全国販売しています。味はやはり比べ物になりませんが、法酒の雰囲気を楽しむにはよいと思います。でも、本物にこだわる人は、慶州の町をぜひ訪れてみてください。古都の雰囲気が残るいい町です。

 

<お知らせ>

校洞法酒の写真がホームページで見られます。

よかったらのぞいてみてください。

http://www.koparis.com/~hatta/

 

<八田氏の独り言>

100号記念に百歳酒を100本飲む!

という企画を立てましたが、身体を壊しそうなのでやめました。

 

コリアうめーや!!第100号

2005年5月1日

発行人 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

 

 

戻る

トップページへ