小ネタ韓バックナンバー

 

韓国カラオケ店にて、缶ビールの間違い探し。けっこう楽しい。

小ネタ度:★★☆☆☆

梨大で見つけた自己主張する看板。ハングルで「看板」と大きく書いてあります。

小ネタ度:★★☆☆☆

大邱ではチャジャンミョンの価格破壊が起こっています。なんと1杯1000ウォンという安さ!

小ネタ度:★★★★☆

済州島にはマンゴー味のデリマンジューが売られています。地域限定だとかなんとか。

小ネタ度:★★★★★

今はほとんど流通していませんが、韓国にも5ウォン玉と1ウォン玉(写真)があります。

小ネタ度:★★★☆☆

韓国人は映画が終わるとすぐに席を立つ。写真はエンドロールがむなしく流れる映画館。

小ネタ度:★☆☆☆☆

夏に嬉しいパッピンス。カフェや専門店のものだけでなく、カップアイス状のパッピンスもある。

小ネタ度:★☆☆☆☆

韓国の競馬専門誌。新聞でなく小冊子のようになっている。ハングルが読めても解読は難解。

小ネタ度:★☆☆☆☆

韓国の男性はみんな、ビンビールのフタをスプーンであけることができる。

小ネタ度:★★☆☆☆

韓国では酢豚(タンスユク)も餃子のように醤油をちょっとつけて食べるのが普通。

小ネタ度:★★★☆☆

済州島の守り神トルハルバン。右手を上にあげているのは文官、左手を上にあげているのは武官。

小ネタ度:★★★★★

チャガルチ市場には、韓国ではめったに見かけないカツオの姿がありました。正直びっくり。

小ネタ度:★★★★☆

パプサンモリではチャーハンを頼むとハート型にしてくれますが、月型バージョンもあるようです。

小ネタ度:★★☆☆☆

校洞法酒の井戸にはクコの木の根が差し込んでいて、霊的な栄養を加えているとされる。

小ネタ度:★★☆☆☆

韓国人は退屈なときにピーナッツを食べる。そのピーナッツのことをシムシムプリタンコンと言う。

小ネタ度:★☆☆☆☆

韓国の大根は日本のものより短くて太い。日本のような細いものは主にたくあん用として使う。

小ネタ度:★★☆☆☆

慶州には本格的なもみじまんじゅを売る店がある。広島の有名店から技術指導も受けている。

小ネタ度:★★★★☆

豚は富の象徴として祭祀のときに供えられる。表情はにこやかな笑顔であるほど縁起がよい。

小ネタ度:★★★☆☆

仁寺洞のスターバックスは景観を損ねないように、店名をハングルで表示してある。

小ネタ度:★★☆☆☆

慶州市内の某所に雄雄しく立つライオンの石像。決して三越があるわけではない。

小ネタ度:★★☆☆☆

朝鮮人参は手足のように見えるものがよいとされ、人の形に近いほど薬効が高いと言われている。

小ネタ度:★★★★☆

明洞を歩いていて指さし型の看板を見かけたら、それは1000ウォンショップダイソーのもの。

小ネタ度:★☆☆☆☆

韓国には鍋用として粉末スープの入っていない麺だけのインスタントラーメンが売られている。

小ネタ度:★★★☆☆

唐辛子、ニンニク、ネギなどを混ぜ合わせた薬味ダレ、タデギの語源は日本語の「叩き」。

小ネタ度:★★★★★

韓国では料理に対し箸とスプーンをタテに置くのが正式なマナー。日本とは微妙に異なる。

小ネタ度:★★☆☆☆

韓国のファストフードでは、ストローがレジカウンター前に置かれセルフサービスになっている。

小ネタ度:★★★☆☆

韓国のコンビニは店内の一角に電子レンジがあり、弁当を温めるのもセルフサービスとなっている。

小ネタ度:★★★☆☆

スペルがかなり違っているトマトケチャップの容器正しくは「토마토케첩」です。

小ネタ度:★★★★☆

秋の味覚ギンナン。韓国語ではギンナンと銀行が発音もスペルも一緒でややこしい。

小ネタ度:★★☆☆☆

龍山に国立中央博物館がオープン。今年いっぱいは開館記念として入場料がタダだそうです。

小ネタ度:★★☆☆☆

ソウル、釜山の地下鉄は切符だが、大邱、光州ではトークン。写真は光州地下鉄のもの。

小ネタ度:★★★★☆

 

トップページに戻る