韓国語食のカタカナ表記辞典 

まえがき

 

トップページへ戻る

目次へ

まえがきへ

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

 

<まえがき>

韓国語食のカタカナ表記辞典は、韓国の食に関する韓国語を日本語に置き換えて表記するために作成された辞典である。韓国語は発音が複雑で日本語に置き換えることが大変に難しく、日本ですでに定着しているキムチ、カルビなどという単語を除けば、ほとんどの語は表現者の解釈によって表記が異なるというのが現状である。その表記の揺れをいくらかでも軽減し、また韓国語に堪能でない人の助けとなることを目的として本辞典は作成された。ただし韓国語の性格上、どんなに原音に近い表記をしても、韓国語そのものとまったく同じにはならないことを予め断っておく。すなわちこの韓国語食のカタカナ表記辞典は、韓国語を日本語で表記するための参考になる程度を限度とし、確実性を保証するものではない。またこの辞典は随時単語を追加、修正していく予定である。不足単語や日本語表記の解釈について、批判、要望などはどんどん寄せて頂きたいと考えている。

 

<辞典の使い方について>

・本辞典の語の配列は日本語の五十音順に配列した。

・各単語にハングルを併記し、日本語表記を推奨、可、微妙に分類した。

・推奨と可については解釈の違いであり、どちらも表記上問題はない。

・微妙については日本語表記としてやや不適当と思われるものを分類した。

・韓国語食のカタカナ表記辞典 Version1.0の収録語数は200語。

 

<推奨語について>

推奨語は以下の法則に基づいて作成した。法則そのものはあくまでも辞典作成のために便宜上作成したものであり、韓国語の日本語表記において確実性を保証するものではない。また推奨語に分類された表記もこれのみが正しいという意味ではなく、あくまでも表記の目安として挙げたに過ぎない。同様に他の表記方法を否定する意味もない。

 

1、語頭には清音、半濁音を用い、濁音は用いない。

○:タッカルビ、プデチゲ、カムジャタン

×:ダッカルビ、ブデチゲ、ガムジャタン

 

2、パッチムの処理方法は以下の通りとする。

・「k」パッチムは「ク」と表記し、「ッ」とは表記しない。

○:カルグクス、ミヨックク、チムタク

×:カルグッス、ミヨックッ、チムタッ

例外)「k」パッチムの後の音が濃音化する場合は「ッ」の表記に変更し、次の音には清音、半濁音を用いる。

○:タッカルビ、トッポッキ、タッコムタン

×:タクカルビ、トクポッキ、タクコムタン

 

・「r」パッチムは「ル」と表記し省略しない。

○:マッコルリ、ソルロンタン

×:マッコリ、ソロンタン

 

・「m」パッチムは「ム」と表記し「ン」とは表記しない。

○:キムパプ、サムゲタン、ピビムパプ

×:キンパプ、サンゲタン、ピビンパプ

 

・「p」パッチムは「プ」と表記し「ッ」とは表記しない。

○:サムギョプサル、ピビムパプ、チャプチェ

×:サムギョッサル、ピビンパッ、チャッチェ

 

3、二重母音は読みやすさを考慮したうえで意図的に無視する。

○:テジカルビ、ユッケ、ピョタギヘジャンクク

×:トゥェジカルビ、ユックェ、ピョタグィヘジャンクク

例外)ハ行の音は例外とする。

○:ホンオフェ、ファンテグイ

×:ホンオヘ、ハンテグイ

 

4、基本的に上記の法則を遵守するものの、例外も多々ある。

 

<注意事項>

・韓国語食のカタカナ表記辞典に関する著作権はすべて製作者にある。

・韓国語食のカタカナ表記辞典の利用や辞典の間違いによって起こったすべての損害に対する責任は一切負うことができない。

・韓国語食のカタカナ表記辞典に関する一切の商業行為を禁ずる。

・韓国語食のカタカナ表記辞典を辞典以外の目的において使用することを禁ずる。

・韓国語食のカタカナ表記辞典の著作権はすべて製作者に帰属し、無断複写、複製を禁ずる

・意見要望については下記メールアドレスまで。

 

韓国語食のカタカナ表記辞典 Version1.0

20031009日 発行

製作者 八田 靖史

hachimax@hotmail.com

 

トップページへ戻る

目次へ

まえがきへ